いつまでもいい関係性を築いていくためには、やはり会話が最も大切なものです。
 
だからこそ、長続きしているカップルがどんな会話をしているのかは、ひとつのお手本にもなるでしょう。
 
そこで今回は、長続きするカップルの「デート中の会話」について紹介します。
 

ボケたら「ツッコむ」

 

「ボケたりツッコんだりが自然とできる彼女だと、普通に会話が楽しいから、話しているだけでも盛り上がれますね」(20代・男性・美容師)
 
仲のいいカップルは、ボケてツッコんでといったことが、自然とポンポンできているもの。
単純に笑いが起こるだけではなく、自分の話に相手がちゃんと反応をしてくれていることがわかる行為でもあります。
高度なツッコミをする必要はないので、おもしろいことやふざけたことを彼氏が言ったのなら、スルーはせずにちゃんと対応はしてあげましょう。

「話題」は何でもいい

 

「彼氏との会話での話題について考えたことなんてないかもしれない。何でもいいから、とにかく思ったことを話しているだけですね」(30代・女性・経理)
 
「何を話せば盛り上がるかな?」とか「いい話題はないかな?」なんて、彼氏との会話について考えてしまうこともあるかもしれません。
ところが、長続きしているカップルは、そんなことは深く考えず、話題など何でもよくて、変に構えずに話しているもの。
ふたりで一緒にいることが大事なので、ちょっとしたことでも口に出して言ってみれば、そこから色々と広がっていったりもするはずですよ。
 

無駄に「長話」はしない

 

「あまりダラダラとは話さないで、スパッスパッと短文で話すことが多いですね。長話すると『長い!』って嫌がられちゃいますしね…」(20代・女性・飲食)
 
「何食べよっか?」「パスタは?」「うん、いいね」「じゃ、あそこの店行こう」。
長続きしているカップルの会話は、こんな感じにひとつひとつは短くて簡潔でわかりやすいものが多いです。
 
無駄に長話をするのは、お互いに苦痛を与えてしまうことにもなりかねないので、テンポよくキャッチボールができるような会話は理想形であるのでしょう。

「言いたいこと」は言う

 

「言いたいことを言い合えるような関係になってから、グッと絆が深まった気がする。我慢をするのはやっぱりよくないですよね」(30代・男性・メーカー勤務)
 
言いたいことがあるのに言えないままだと、ストレスになって溜まっていってしまうだけ。
もちろん、親しき仲にも礼儀はありですが、思っていることをお互いに吐き出せるようになると、いつまでも一緒にいられるふたりになれるのでしょう。
相手に合わせてばかりの会話をしても、自分も相手も心から楽しい気持ちにはなれないはずですよ。
 

さいごに

 

いつまでもちゃんとコミュニケーションが取り合えるのは大事なポイントです。お互いに無理なく自然に会話ができるように心がけると、ずっと居心地のいい関係性でもいられるでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■長続きの秘訣!「恋人との関係」で大切にしていることって?
■ほんこれ、超大事! 長続きするカップルたちがする会話とは!?
■https://magazine.gow.asia/column/love/12264/
 

カップル】の最新記事
  • 千年の恋も一瞬で崩壊!好きな人への気持ちが冷めてしまった瞬間
  • ケンカをしてもラブラブなカップルになる方法って?
  • 私だってつらいのに…… 彼氏に愚痴を聞いてもらう方法
  • 彼氏に男らしさを求めるのって、時代遅れ?
  • もう終わりにしたい…ズルズル続く関係を断ち切る方法
  • すげぇかわいい! 彼氏が無性にハグしたくなる瞬間とは?
  • 大好きだったのに…特に理由もなく、彼氏にガッカリしてしまう理由
  • 彼氏に「仕事辞めたい」と言われたら? 大切なのはヒアリング力