元風俗嬢、現役ヨガインストラクターの天照メイです。
仕事などでお互い疲れてる時って、「マッサージしてほしいなぁ」なんて思ったりしますが、なかなかやってくれなかったりお返しするのもめんどくさかったりします。そこで、とってもおすすめなのがカップルヨガです。
 
お互いの温もりで癒やし合うことができて、いつもとは違う感覚で相手を思ってみたり感じてみたりできる時間を楽しむことができますよ。
 
では早速レクチャーいたします。
 

呼吸を感じて心を合わせる

 

⑴写真のように背中をわせてあぐらになります。骨盤からピタッとくっつけると楽に座ることができ、相手の呼吸や鼓動も感じやすくなります。この時、両手を触れ合わせてもいいし、自分の膝の上や楽なところにおいても結構です。
 
⑵深い呼吸を数分間ゆっくりと繰り返しながら、気持ちよく呼吸をします。
 
⑶今度は、相手の呼吸をしっかりと感じてみましょう。
 
ただ相手を感じるだけでいいです。相手の体から伝わる温もりやエネルギーを感じて一体となってみましょう。難しいと感じるなら、心の中で「相手と調和する」と念じるだけでも大丈夫ですよ。パートナーとの繫がりを呼吸を通じて深めてみましょう。
 
<応用編> そのあと、身長差がありすぎなければお互いの肩にゆっくりもたれるのも気持ち良いですよ。右ならお互い右に首を後ろに傾け、相手の肩にもたれかかるようにすれば首を緩められます。この時も数秒間、深く呼吸しながら全身リラックスするように心がけてください。
痛いと感じるなら避けておいてくださいね。
 

愛の前屈と後屈

 

⑴まず男性から前屈を行いましょう。背中合わせのまま、足元は足を伸ばしてもいいし、開脚してもいいし、前屈しやすい方を選びます。体が硬すぎる場合は正座になり前屈の形になるチャイルドポーズでも構いません。
 
⑵女性は、男性のサポートをするように背中にもたれかかります。女性の方も足元は楽な状態にしておきます。男性がチャイルドポーズなら女性も同じポーズにしてくださいね。
 
⑶交代しますが、男性の体の方が重たいのでいきなり体重をかけずに注意して、じわじわ負荷をかけてください。
 
これを数回繰り返すことで、インナーマッスルが緩み、体が柔らかくなるかもしれません。これこそ愛の力!!
 

向かい合わせでスキンシップ

 

まずは、お尻からアキレス腱までを緩めましょう。
 
⑴お互い向かい合って足を伸ばして座ります。
 
⑵女性は膝を曲げて男性に近づいてお互いの手を取り合います。
 
⑶男性から前屈を行い、男性の吐く息のタイミングで女性は軽く後ろに体重をかけて伸ばしてあげましょう。ここでは、お互い呼吸を深くし、男性の呼吸に女性が合わせます。
 
⑷交代です。交代したら、女性の呼吸に男性が合わせるようにしましょう。
 
<応用編> ⑴今度は、お互い膝を曲げて両足の裏を合わせて手をつなぎます。
 
⑵背中はまっすぐしながら、足の裏を重ねた状態で足を画像のようにあげてみましょう。
 
⑶難しければ、手は床について、足だけあげてもいいでしょう。
 
出来てもできなくても、これは楽しくて必ずと言っていいほど笑顔になれるポーズです。
お互いの呼吸を見てそのペースに合わせて負荷のかけ方を加減してあげるのがポイントです。その際に、手から愛のエネルギーを相手に送ってあげましょう。
そうすると、不思議と相手の体が柔らかくなったりしますよ。
 

最後に…

 
お互いが緩んだ後に、セックスするとまた違った流れや快感を感じられるかもしれません。
風俗嬢時代に、お客様にマッサージをしてあげたあと、エッチなことをしてあげるといつもより感じやすくなったり、射精した後「いつもより気持ちよかった」という方もいましたよ。お互いがそう感じられるなんてこんな幸せなことはありません。
ぜひ、一度愛する人とカップルヨガをお試しください。
 
(天照メイ/ライター)
 
■ティッシュ箱で骨盤周りを鍛える! キレイな形のお尻を作るエクササイズ
■彼の目に映るあなたの姿とは?彼が好きなあなたの魅力
■ラブラブしながらエクササイズ! カップルで出来る運動とは?
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 不安だらけの恋愛にNO! 恋愛の主導権を握る方法4選
  • 【仮説】彼氏を「推し」だと思えば全てうまく行くのではないか?
  • 長続きの秘訣!彼氏を甘やかす方法とは?
  • 結婚してもずっと愛が冷めない夫婦になるには? 【カップルの習慣編】
  • 彼氏を笑顔にしたい。彼氏を笑わせる方法
  • 今まで以上にラブラブに!マンネリした彼氏とのトキメキを取り戻す方法
  • 彼の浮気が発覚!? ぬいぐるみにまつわるホラーのような恋愛エピソード3選
  • 恋人から価値観を押し付けるという“暴力”を受けた時、あなたならどうしますか?