3月あたりから徐々に世界中に拡散し、今では全国的に猛威をふるっている新型コロナウィルス。
日本でも3月下旬頃から外出自粛要請が各都道府県の首長より出されるようになりましたね。
 
これによって不要不急の外出も少なくなり、週末も自宅待機で退屈しているという方はずいぶん増えているはず。
 
人によっては「せっかく付き合えそうな男性がいるのに、デートもままならない」と焦っている場合もあるでしょう。
状況が状況なので「我慢しようよ」ぐらいしか言えないんですけども、それだけじゃあまりに突き放し過ぎかもしれません。
 
そこで今回は、そろそろ正式な彼氏彼女の関係になれそうな相手がいるのに、こういう状況でデートが進まないという方を対象に、ある提言をしたいと思います。
タイトルにあるように、この自粛ムード中の恋愛の進め方。
 
これを、いち男性の立場から「男はこういうとき、こんな連絡が入ると気持ちが萎えない」という形で紹介いたしましょう。
 

連絡頻度はそのままでいいが、中身の密度を上げると安心する

 

男性の立ち位置から書くと、ぼちぼち付き合えそうな相手がいるときにデートもできないとなると、お互いの気持ちが冷めてしまいそうで不安になるもの。
そういう場合にはLINEなんかで連絡を取り合うことが大事になるわけですが、会えないからと言ってLINEで中身のない話を延々するというのは考え物。
これじゃお互い疲弊してしまうし、盛り上がりません。
 
だから連絡の頻度は平時の通りで十分なんですけど、会えない分男性が欲しがるのは、中身のある会話だったり、相手の近況だったりします。
「今日はこんな感じだよ」とその日の服装を画像で送ってあげるだけでも、男性って喜ぶものなんです。
会えない時間を有効活用するための手段として、LINEを効果的に使うことをおススメします。

外出自粛期間中にデートプランを練っておく

 

また、今のような外出自体が危険だとされるような時期にこそ、新型コロナウィルスによる被害が収束したあとのことを考えておくのもいいですね。
男性は「落ち着いたら○○へ行こう」みたいな、ちょっと抽象的な話をするのはもともと好きなものです。
 
だから電話なりLINEなりで、お互いに行ってみたいデートスポットについて挙げていき、今のうちからプランを練るというのも悪くないでしょう。
そのうえでちょっとした旅行を計画するのもおススメ。
これまでの日常が戻ったら一緒に行こうという楽しみな行事ができます。

逆に言えばみんな恋愛が一時停滞してるわけなので、ドーンと構えて状況改善を待つ!

 

もっとも、今のような事態ですと、誰しもが恋愛よりも自分の健康を最優先すべきですよね。
つまり、誰もが恋愛については一時的に棚上げしてしかるべき状況ということでもあります。
 
もう少しで付き合うことになりそうな相手がいて、直近のデートの予定もとん挫となると不安になりますが、みんな条件は同じです。
カレを横取りされるリスクも、普段ほどではないので、あんまり気にしてもしょうがないということなんですよね。
 
いっそのこと、ここは「焦ってもしょうがない」精神でのんびり構えておきましょう。
今大事なのは色恋よりもうがい、手洗いです。優先順位としては恋愛はかなり下にあることを意識して、事態が落ち着くのを待ちましょう。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■彼氏とまったく会えないときの過ごし方 自分を磨いていい女へ!
■会わないほうが燃える!セックスレスに有効?夜の営み調査で発覚
■カップルで会う頻度、どれぐらいがベスト?
 

カップル】の最新記事
  • カップルで位置情報の共有をして起こったトラブルエピソード
  • 本当にあった怖い恋愛話【前編】
  • 「コレが最大の決め手」私が彼と別れた理由あるある~さようなら好きだった人
  • 男友達に恋愛相談……その結果、修羅場を迎えたエピソード(後篇)
  • SNSで愚痴った「育児中の夫への不満」がバレて離婚騒動になったエピソード【後編】
  • すてきなクリスマスになるはずが、彼氏を不機嫌にしてしまった行動とは?
  • SNSで愚痴った「育児中の夫への不満」がバレて離婚騒動になったエピソード【前編】
  • 【価値観が真逆のカップルに聞いてみた】価値観が違っても付き合える?