なかなか面と向かって言うことはできないけれど、彼女に対して言いたいことがあるという男性は少なくないかも。
では、どういったことを彼女への不満として抱えているケースが多いものなのでしょうか。
そこで今回は、男性が彼女に言いたいけど「言えないこと」について紹介します。
 

「恥じらい」が薄れてきている

 

「付き合って1年経ったくらいの頃から、彼女が恥じらいのない行動を取ることが多くなった。気持ちが冷めるから、本当にやめてほしい」(30代・男性・自営業)
 
付き合いが長くなってくると、どうしても恥じらいは薄れてきてしまうもの。
そしてそれが度を超えると、お互いに異性として意識できなくなっていく可能性は高いです。
平気でおならやゲップをする、裸でウロウロする、身だしなみに気を使わなくなるといった行動は、特に男性からは幻滅されるので注意が必要でしょう。

ちゃんと「言葉」にしてほしい

 

「『本当に何もわかってないよね』って怒られることが多いけど、言ってくれなきゃわかるわけない…。怒られてもこっちとしても納得がいかないです」(20代・男性・飲食)
 
恋人同士であれば、言わなくても通じ合えるような関係性になりたいと感じるかもしれません。
でも、「なんでわかってくれないの?」とか「それくらい察してよ」なんて彼女から言われても、男性としては困惑してしまうだけ。
ちゃんと言葉にして伝えないと、すれ違いや誤解も生じやすいので、察してもらおうとばかりするのは危険度が高いですよ。
 

「過去のこと」を蒸し返さないでほしい

 

「『あのときもそうだったよね』みたいなことを言われるとげんなりします。もう過去のことは過去のことで、一度終わりにしてほしいですね」(30代・男性・食品メーカー)
 
喧嘩をしたときなどに、過去のことを蒸し返すのは、女性が取りがちな行動かもしれません
女性としては、蒸し返すというより、延長線上の問題としてつながっているということなのでしょうが、男性にはそれを理解するのは難しいもの。
 
一旦どこかで区切りはつけないと、さすがに男性もうんざりするはずなので、執拗に過去のことを持ち出すのはやめたほうがいいでしょう。

「怒りの沸点」が低すぎる

 

「すぐに怒り出すのだけが、どうしても直してほしいところです。いつの間にか、彼女と一緒にいるときにビクビクしている自分がいるので…」(30代・男性・出版)
 
男性は感情の起伏が激しい女性を苦手に感じますし、どう扱えばいいのか対応にも困ってしまいます。
特に、ちょっとしたことで怒り出したり、すぐに不機嫌になったりする女性とは、一緒にいること自体が次第に嫌になっていくもの。
 
怒るべきとき怒ったほうがいいですが、常に怒りや不満ばかりを吐き出していると、距離を置かれる原因にもなりかねないですよ。
 

さいごに

 

不満に感じる部分は、お互いに改善していけると、いつまでも一緒にいられる関係性を築けるはずです。ときには不満を吐き出し合うことも、大事なことかもしれませんよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■天使すぎる! ふとしたときに彼女をかわいいと思う瞬間
■気のゆるみすぎ注意! 彼氏が実は感じている彼女への不満
■彼氏が離れられなくなる「居心地の良い」彼女とは?
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

カップル】の最新記事
  • 毎日を“推し”のために捧げるという「深く尊いライフワーク」彼氏にいつ暴露する?
  • 意外と見られてるのを知らない男が「SNSで彼女への不満を発信した結果」修羅場に発展した話
  • LINEで好きな人の気持ちを探っても失敗する理由とは?
  • 彼や夫と2人でやろう! お家で簡単にできる、愛と癒やしの「カップルヨガ」
  • 彼氏から尊敬される彼女とは?
  • 眠い。疲れた。めんどくさい……彼氏の心が徐々に離れていくNGな言霊集
  • 100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動とは?
  • 授かり婚は計画的に!? 結婚前提の子作りがアリな理由&ナシな理由