こんにちは、沙木貴咲です。結婚がまだ具体的に見えてこないうちは、彼氏がいずれ夫になるということがなかなか想像できないはず。もちろん、結婚なんか考えないで恋愛を楽しむのもアリでしょう。

 

ただ、何となくでも「20代の終わりには結婚したいな」とか、「婚活に苦しむのはイヤだな」などと考えているなら、夫にふさわしい男性を彼氏に選ぶのが良いかもしれません。

実は、一緒にいて最高に楽しい彼氏は、結婚相手としては足りない部分が多いといえるんですよ。

 

 

結婚にドキドキはいらない

 

恋愛と結婚は違うといいますが、一番の違いは「結婚にドキドキはいらない」という点です。

入籍して35年も経てば恋愛感情が薄れ、夫は家族として協力し合うパートナーという存在になります。信頼は深まりますが、胸キュンは残念ながら、ほとんどありません。

 

そのため、女性を喜ばせることに長けていて、デートの演出が上手だったり、キザなセリフもさらりと言えたりする男性は、結婚生活をひたすら退屈だと考えます。

つまり、恋愛の優先順位が高いタイプほど、結婚向きではないということ。

 

ドキドキしてラブラブしなくちゃ恋じゃない、という感覚を持つ男性は、彼氏として付き合うには最高ですが、良き夫にはならないでしょう。妻に飽きて外で不倫をする……というダメ夫になる可能性が高いといえます。

 


夫向きな男性とは?

 

結婚相手として安心できる男性は、とにかく誠実であること。これが一番大事です。

それは、自分に対して裏切りがないだけでなく、周囲や仕事に対しても真面目で堅実だという意味。

 

結婚とは、社会全体に対して「自分は家庭を持っている」というスタンスで向き合うことです。自分さえ良ければいいという考えを持つ男性は、いずれどこかでつまずきます。妻だけを大事にしても、周りの人とうまく関係が築けず、仕事に対して不誠実であれば、結局のところ家庭はうまくいかないのです。

 

胸がときめくような目立った魅力がなくても構いません。人間として尊敬できる男性が、夫としてはふさわしいでしょう。夫婦として長く安定した信頼関係が築いていけるはずです。

 

良い意味で「諦められる大人」になれるか?

 

人生において、諦めることは少ない方が良いのですが、良い結婚を実現するなら「諦められるオトコ」を選ぶべきでしょう。

 

なぜなら、結婚生活は家族との意思・価値観のすり合わせで成り立つものだから。

最愛の妻とはいえ、生まれも育ちも違う赤の他人です。似たところはあっても、何もかもが同じわけではありません。

一緒に生活をしていて、「そうじゃないでしょ!」「これはやめて!」と思う部分はたくさんあるはず。

 

また、結婚後に子どもが産まれたなら、妻にも夫にも我慢が求められます。子どもに物心がついて、ある程度手がかからなくなるまでの610年程は、自由な時間や趣味の楽しみを制限せざるを得ないでしょう。

 

そうした「結婚における必然の我慢ができるか?」が、夫としてふさわしいかどうかのポイントになります。強烈なこだわりを持っていたり、趣味が生活の中心になりすぎていたりする男性は、ちょっと用心したほうが良いかもしれません。

 


彼を「夫仕様」に変えていく手もアリ

 

年齢が若いうちは脳が柔軟なため、女性からの働きかけで恋愛観も結婚観も変えることは可能でしょう。

ちょっと頼りないところはあるけれど、このまま付き合って結婚できたらいいな……と思う彼氏がいるなら、少しずつ「夫にふさわしい男性」に教育していくのも良いのかも。

 

杓子定規に条件だけで男性を見分ける必要はありません。その人が持つ「今後、変わる可能性」も込みで、彼氏探しをしてみてはいかがでしょうか?

 

(沙木貴咲/ライター)

Photo by. LGEPR


■「結婚したいと思える相手」に出会うための3つのステップ
■結婚占い|今、結婚につながりそうなのはどんな異性?
■幸せを感じられる結婚生活をおくるための3つのルール

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • GWこそ危険?大型連休中に発生しやすい浮気の見分け方
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • キスしたときのお口のねばつき問題!傷つけずにうまく相手にいう方法
  • 私だけを見てほしいのに……。元カノの荷物をどう捨てさせたらいい?
  • 新生活スタート!遠距離恋愛になっても恋を保つ方法
  • お互いを尊重するSEXのためにカップルに必要なこと
  • 彼氏を喜ばせたい!サプライズを成功させる秘訣
  • つい赤ちゃん言葉を使って甘えちゃうのはなぜ?恋人といると幼児退行する人の理由とは