こんにちは、沙木貴咲です。結婚がまだ具体的に見えてこないうちは、彼氏がいずれ夫になるということがなかなか想像できないはず。もちろん、結婚なんか考えないで恋愛を楽しむのもアリでしょう。

 

ただ、何となくでも「20代の終わりには結婚したいな」とか、「婚活に苦しむのはイヤだな」などと考えているなら、夫にふさわしい男性を彼氏に選ぶのが良いかもしれません。

実は、一緒にいて最高に楽しい彼氏は、結婚相手としては足りない部分が多いといえるんですよ。

 

 

結婚にドキドキはいらない

 

恋愛と結婚は違うといいますが、一番の違いは「結婚にドキドキはいらない」という点です。

入籍して35年も経てば恋愛感情が薄れ、夫は家族として協力し合うパートナーという存在になります。信頼は深まりますが、胸キュンは残念ながら、ほとんどありません。

 

そのため、女性を喜ばせることに長けていて、デートの演出が上手だったり、キザなセリフもさらりと言えたりする男性は、結婚生活をひたすら退屈だと考えます。

つまり、恋愛の優先順位が高いタイプほど、結婚向きではないということ。

 

ドキドキしてラブラブしなくちゃ恋じゃない、という感覚を持つ男性は、彼氏として付き合うには最高ですが、良き夫にはならないでしょう。妻に飽きて外で不倫をする……というダメ夫になる可能性が高いといえます。

 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 「お互い成長できる彼氏」と「一緒にいると堕落する彼氏」の違いとは
  • カップル占い|二人が一緒にいて幸せを感じるのはどんなとき?
  • 夜職(メンズキャバクラ・ホスト)の彼氏に言ってはいけないNGワード
  • お互いに気を遣いすぎてケンカになりやすいシチュエーション3つ
  • 笑って許して!夜の恥ずかしい失敗3選
  • これは許せない! 彼氏に対しての怒りのボーダーライン
  • 「ずっと一緒にいたい」と思われる女性ってどんな人?
  • 釣った魚に餌をやらない男性の本音