20歳下の彼と結ばれ、幸せいっぱいの彼女。
しかしどんなにふたりが想い合っていても、歳の差恋愛は周囲から認めてもらいにくいのが現状です。
特に結婚となると、そのハードルはぐんと上がります。
今回は「年齢差を乗り越え、幸せを掴んだエピソード【後編】」をお送りします。
 
【前編】20歳下の彼にアプローチされて…♡ 年齢差を乗り越え、幸せを掴んだエピソード

彼からのプロポーズに号泣

 

その後も順調な交際は続いていました。そして2年記念日に、彼のほうからプロポーズをされました。
 
私にこんなに幸せがあっていいのかと、涙が溢れてきました。
 
しかし私と彼には20もの歳の差があります。
世間が私たちを受け入れてくれるほど、現実はそう甘くはありませんでした。

お互いの両親が結婚を猛反対

 

母には彼氏がいるとは伝えていたものの、20歳も年下とは言っていませんでした。
彼と結婚の挨拶に行く数日前、母にはじめて本当のことを告げました。
 
挨拶に来た彼を見た父は「君いくつ?」「まだ学生?」と驚いていました。
 
ましてや私は1回結婚に失敗しているため、母の反対ぶりはすごかったです。
彼の前では黙っていたものの、「騙されているんじゃないの!?」「前のときだって、あの男は結婚後に本性を表したじゃない!」と散々でした。
 
一方で彼のご両親も、私との結婚には反対をしていました。息子が20歳も上の女性と結婚するというのだから当然でしょう。こちらはもはや挨拶すらさせてもらえない状況でした。
 

彼から「もう少し時間が欲しい」と言われて……

 

周囲の反対意見を聞いて、私自身「この結婚はやめるべきなんじゃないか」と思いました。というのも、いままで周囲の反対を押し切って結婚し、幸せになった夫婦を見たことがなかったからです。
 
それに彼にはまだ未来があるからこそ、ほかにいい人はいくらでもいると思いました。
 
彼にいまの気持ちをすべて話し、この結婚は白紙にしようと提案をしました。
彼は黙って私の話を聞いていました。そして最後に「わかった。だけどもう少し時間が欲しい」と言いました。
 
その日以来、彼からの連絡は一切ありませんでした。

毎日必死に説得を続けていた彼

 

彼との話し合いから1ヶ月後、母から連絡が来ました。「彼、本当にいい人ね」「あの人だったらアンタを幸せにしてくれると思うわ」と……。
 
一体何のことだかわからなかったのですが、なんと彼は結婚を認めてもらえるよう、私の実家に毎日通っていたそう。ときには菓子折りやお酒を持って、どれほど私が好きか、また自分と結婚したらどんなメリットがあるかを熱弁していたそう。父も母も「あの子(彼)の熱意には負けたよ」と笑っていました。
 
一方彼の両親にも説得は続けていたようで、「そんなに言うなら一度彼女を連れてきなさい」と許可をもらったそう。
 
後日彼と挨拶に行き、結婚の報告をしました。お義母さんからは「いままであなたに会うのが怖かった」「キツく当たってごめんなさい」と謝られました。
お義母さんの言葉を聞いて、彼どうしてこんなに優しいのかわかった気がしました。
 

さいごに

 

いまも結婚生活はもちろん、お互いの両親との関係も良好だそう。
歳の差カップルには通常以上に多くの障害がありますが、ひとつひとつ真摯に向き合っていれば、認めてくれる人も増えるものです。
お互いを好きな気持ちを第一に、あらためて悔いのない恋愛がしたいですね。
 
(和/ライター)
 
■20歳下の彼にアプローチされて…♡ 年齢差を乗り越え、幸せを掴んだエピソード【前編】
■年下男子とどこで出会える? 年下男子と出会いたいあなたへ
■男性に聞いた! 付き合うなら年上vs年下の女性どっち?・3選
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

カップル】の最新記事
  • カップルの問題|抱かれたいのに抱いてくれない……一体何故?
  • 相性最悪!?な相手でも「ここ」さえ大丈夫なら二人はうまく行く
  • 彼氏を喜ばせたい!男性が彼女をさらに好きになる言動7選
  • 今まで以上にラブラブに!マンネリした彼氏とのトキメキを取り戻す方法
  • 結婚してもずっと愛が冷めない夫婦になるには? 【カップルの習慣編】
  • 長続きの秘訣!彼氏を甘やかす方法とは?
  • SNSで反感を買わない!ラブラブ(カップル)投稿のコツとは?
  • 彼氏を喜ばせたい!サプライズを成功させる秘訣