ライターの大久保 舞です。
好きな男性に、脈ナシの態度をとられるというのはつらいことですが、では、脈ナシの態度って一体何?となると、分からないものかもしれません。
 
そこで今回は、筆者が男性に「脈ナシの女性に対してはどんな態度をとりますか?」とリサーチした結果と、筆者の経験などを元にお伝えします。
 

意外! 脈ナシだと「普通の態度」、「友達みたいな態度」をとる

 
「いたって普通の態度をとる」(20代・接客業)
 
「友達みたいな態度かな。なんでも話ができて、ちょっと悪ふざけをしたり、おちゃらけた態度とかを見せる」(30代・接客業)
 
多かったのが「普通の態度」、「友達みたいな態度」をとる、といった意見です。
脈ナシだからといって、露骨に冷たい態度をとる男性ばかりではないということです。
他の人とも同じように接してくれているのであればまだしも、友達として親しくしてくれているのであれば、脈ナシかどうかちょっと判断に困ってしまいそうです。
 

やはり「二人で遊べるかどうか」は大きなポイント

 
筆者自身の苦い経験でもあるのですが「脈ナシの女性とは、二人きりでは遊ばない」という男性は多いと思います。
筆者は「これからお会いできる機会ってありますか?」と好きな男性にメールで聞いただけなのに「二人だけで会うとかはありえないから」と、手厳しく断られてしまったことがあります。
 
遊びに誘っても、返事がこない。「また今度」、「今忙しいから」と流される。
OKでも「他の人も誘おう」と言われてしまう⋯⋯こうなってくると、脈ナシの可能性は高いでしょう。
二人きりで会う=脈アリ、とは限りませんが、二人きりで会えない=脈ナシ、ということは大いにありそうです。
 

最終的には、告白して判断するしかない

 
これは筆者が今までの人生で学んだことですが、脈アリか脈ナシかは、最終的には、告白して判断するしかない、ということです。
絶対にいける! と思って告白したら、予想外にあっさりと振られてしまった、なんていうこともありました。
 
また、それとは反対に、誰が見ても脈ナシの相手にアプローチを続けていた知人の女性が、告白したら見事に成功した、というケースもあります。
脈ナシだからこそ気さくに接してくれる男性もいれば、脈アリだからこそ、そっけない態度をとってしまう、という男性もいるのです。
告白するまでは、真実は分からない、ということなのですね。
 

まとめ

 
当たり前のことではありますが「こういう態度をとられたら、絶対に脈ナシ」という明確な基準は、存在しないでしょう。
振られるために告白する、というのは、筆者個人はあまりおすすめしません。
 
ただ、確実に振られると決まっているわけではないのであれば、どうせ脈ナシだろうと卑屈になってしまわずに、告白してみる勇気を持つことも、ときには必要だと思います。
 
(大久保 舞/ライター)
 
■脈ナシ男性を振り向かせる秘訣!告白なんて、もってのほか!
■姓名判断|いつも受身な彼……これって脈ナシってこと?
■待っているだけじゃダメ! 片思いの彼から連絡がくる上手なアプローチ!
 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 誕生日でわかる!この片思いが苦しい「本当の理由」
  • 姓名判断|片思いの彼が告白してくれる可能性は?
  • 片思いの彼が「苦手」な異性のタイプは?
  • あなたの恋がうまくいかない理由は?
  • 好きな人は私に対して何を思っている?
  • 片思いの彼へのアプローチ!その成功確率は?
  • 片思いの彼を虜に!好きな人が惹かれるあなたの魅力とは
  • 私は好きな人からどう思われている?