自分としては何気なくやっていることなのに、それが何故か周りから反感を買うなんてことはしばしばあるものです。
たとえば僕は毎日3回掃除機をかけるのですが、これだって見る人から見れば異常ですよね。
まあ、潔癖ってのもあるし、そうしないとなんか落ち着かないので、どう思われようとやるんですが。
 
で、ですね。
今回はこれに似たテーマで“無意識にやっていて引かれる行動”ってのにクローズアップしてみようと思うのです。
特に女性が無意識にやっており、それが男性からドン引きされているというアクション。これをいくつか紹介してみたいという寸法です。
 
まあ、該当者は少ないはずなので、他人事と思いつつ読んでみてください。
 

食事のたびにスマホで撮影

 

まず、第一に訴えたいのがこれです。
最近はインスタグラムをやっている人も多いのですが、食事に出かけてなにか注文をし、料理が運ばれてきたら「いただきます」の前に撮影する女性。いますね。
あれってほとんどの男性からすると引くような思いで見つめる光景の最たるものです。
 
食べたくて注文しているものをすぐに食べようとしたら「ちょっと待って、まだ撮影してない」とか言われると、こっちはイッライラしちゃいますね。
インスタ映えも大事っていうことかもしれませんけど、大前提として注文した料理は暖かいうちに食べたいし、そうするのが作った人への感謝だったりするので。
そのうえで残さず食べて、「ごちそうさま」と言う。
 
こういう当たり前を無視して、「いただきます」も言わず、撮影したらすぐにインスタにアップし、しかも残す。
そんな女性を見ると、まともな男性はドン引きしますし、「こいつ大丈夫か?」って思っちゃいますね。
 
料理を「いいね」稼ぎの道具にするのは、僕は違うと思います。よくないです。

通話、LINEの頻度が高い…

 

また、女性によっては彼氏のことが好きなのか、それとも連絡を取り合うことに依存しているのか、よく分からないっていうタイプもいます。
彼氏にしょっちゅう通話を要求したり、些細な内容の(というかどうでもいい)LINEを送りまくったりする暇な女性ってのがいますよね。
 
大体そういう子はあんまり仕事していないんですけど、これがプー太郎同士ならいいんです。何も言いません。
だってお互い暇だから。
 
でも、彼氏が社会人で働いている間にも通話しようとしたり、LINEを何通も送るってのはさすがにどうかと思います。
本人は無意識でやってることでしょうけど、そんなの毎日やられて辟易しない男性いないですからね。
 
かと言って「お前はいいなあ、暇で」とか言ったらどうせ男が悪く言われるんだろうし。
こういう女性は別の暇つぶし案件を自力で探すべきです。暇なんだからきっとその方法ぐらい見つけられるはず!
 

自分の友達と会わせようとする

 

あとこれも結構キツいんですけども、彼氏や仲の良い男の子に対して、自分の友達と会わせようとする女性ってのがたまにいます。
いや、会わされても……って気持ちになっちゃうんですよね。
 
案の定、あんまり話も盛り上がらないとこっちが悪いみたいな空気にもなっちゃうし。
大前提として人には相性があるので、あんまりこういう悪い意味でのグローバル精神は発揮してほしくないなぁって思うところです。
 
本当に多いんですよ。この手のちょっとイタい女性。

おわりに

 

……っていう感じですかね。
ちょっと書き手の性格の悪さがしとどに出てしまうコラムになってしまいましたが、あくまでもそういう人がいるというだけのこと。
 
皆さんは決してそんなタイプではないことは、しっかりと存じています。
あくまでも少数派の困ったちゃんについての話ってだけのことです。
 
しかし、無意識にやっていることだからこそ、指摘もしにくいんですよね。この手の人たちって。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■男性が彼女からのLINEでドン引きした内容4つ
■思わずドン引き……男性が友達の彼女に引いてしまう瞬間
■気を付けて! 男性がドン引きするLINE
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

【未分類】の最新記事
  • 打たれ強い彼氏でも彼女に言われたらメンタルをやられるNGワードとは?
  • 失敗から学ばない彼氏、彼の成長を認めない彼女――すれ違いカップルの末路とは?
  • 男性の心を芯から揺さぶる「あざといぶりっこ」とは?
  • 「結局、他人だから」彼氏は好きだけど、心の中で突き放したほうが良い時とは?
  • 不埒な既婚男性が狙う「声をかけやすい女性」の特徴とは?
  • 血液型×12星座|夜の生活に積極的なひとランキング!
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【後編】
  • 自称イクメン夫の行動にうんざり! 衝突ばかりの育児奮闘記【前編】