飲み会や合コンなど楽しいイベントから忘年会や送別会など職場の行事まで、男性と一緒にアルコールを飲む機会は少なくありません。

 

タイミングが大切

 

 アルコールが出される場で多くの女性が持つ共通の悩みの一つに「女性は男性のお酒をつぐべき?」という問題があります。男性のグラスに女性がお酒を注ぐことはあっても、女性のグラスに男性がお酒を注いでくれる機会はそれほど多くありませんし、それを失礼だと思っている男性も少なくありません。

 こうした社会的な慣習は日本の文化なのかもしれませんね。欧米では、女性が男性にお酒を注ぐのではなく、レディーファースト精神で男性が女性にお酒を注いでくれるのが一般的。外資系企業においても、そうした日本特有の慣習や文化は排除されているケースも少なくありません。

 それでは、恋愛関係においてはどうなのでしょうか?デートなどでアルコールを飲む時には、女性は男性にお酒を注いだ方が男がうれしくなるものなのでしょうか?

 男性心理としては、女性からお酒を注いでもらうと嬉しいという気持ちになるそうです。しかし、どんなタイミングでどんな風に継いでくれるかによって、男性の気持ちも変わるようです。

 グラスのアルコールがほとんど減っていないのにどんどん継ぎ足されてしまうと「まだ残ってるよ!」とうっとうしい気分になってしまうようです。お酒を注ぐタイミングは、グラスがなくなりかけた頃。グラスにまだ残っている場合には様子を見ながらタイミングを待った方が良いでしょう。

 会社の行事でも、同僚の男性に気がある場合には、そうした行事の場を利用して彼の気を引くことも可能です。飲み会が始まったばかりの頃には、女性だけでなく男性も気を遣うので、誰もが他人にお酒をつぐはず。

 しかし、無礼講でリラックスしてくる飲み会の中盤以降になると、多くの人が手酌で飲むことが多くなります。実は、そこがチャンス。多くの人が手酌で飲んでいて、彼も手酌で飲むと思っている時に、さりげなくさっとグラスにアルコールを継いであげれば、彼はあなたの意外な行動に驚きつつも「気がきくな」と高評価になるはずです。そして、あなたを見る目がワンランクもツーランクもアップするはずです。

 デート中には、男性もこちらに気を遣ってくれるので、グラスがあきそうになったらお酒をどんどん注いでくれることもあるかもしれません。飲みすぎると困るという場合には、グラスを完全に飲み干すのではなく、少し口をつける程度にしておくと良いでしょう。

 

関連コラム

 

あわや監禁も…!酔って電車に乗るべきじゃない確固たる理由
おいしいけど食べにくい! デートに不向きなメニュー攻略法
敵に回すと怖い!女子社員とうまく付き合うコツ
酒豪女子は恋愛で損している!ナチュラルに酔ったフリをする方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by anieto2k

【未分類】の最新記事
  • 「視線を感じるっ!」今、あなたにみだらな熱視線を送っているのは…この人
  • あの人はいつ私に告白してくれる?
  • これはセフレってこと? 男性が女性をセフレと見なす時の態度
  • ワンナイトは嫌!ヤリ捨てされないために気をつけるたった4つのこと
  • 「付き合ってるんだから、セックスしないとダメ」←んなわけない
  • 3ヶ月以内にあなたの目の前に現れる結婚相手候補、その姿
  • 心理学で解説! カレが思わず「誘いたい」と思うファッション4選
  • 大好きな彼に愛撫をもっとしてもらいたい!エッチの「促し」テクニック4選
あなたへのおすすめ