片思いを実らせるのに一役買ってくれるのがメール。面と向かって言えないようなことも、文字にすることで素直に言えちゃったりして、そのギャップにやられる男性も多いのだとか。しかし、手軽なツールだけに一歩間違うとかえって恋を遠ざけてしまうのもまたメールです。どんな内容のメールを送ると男性にドン引きされるのか、事例を挙げて解説します。

 

メールは人間性が出やすいツール

 

■しつこい

いくら好きだからって、1日に何通もメールを送るのはやりすぎ。最初は「かわいいな」なんて思っていた彼も、次第に「彼女でもないのに送りすぎだろ!」とうんざりしてしまいます。片思いの彼にメールを送るなら、夜寝る前に一通だけというように、相手の印象に残りやすく、かつ負担にならない出し方をおすすめします。

■返事を強要する

待ち合わせの場所や時間をメールしたのに返事がない。このように、返事をもらわないと困ってしまうというとき以外は、相手に返事を強要するのはやめましょう。彼に送りたくてメールを送ったのは、あくまでも自分の勝手な都合。返事まで期待するのは重すぎます。

■なれなれしい

まだ片思いのときは、メールの内容もできるだけあっさりとしたものにとどめておくのが無難。彼に思いが伝わっているのなら、今はあなたとの関係をどうしていこうか悩んでいる時期。そんなデリケートな状態のときに、まるでもう付き合っているかのような内容のメールを受け取れば「なんだ、この女。勘違いするなよ!」と思うのも無理はありません。

■本文が長すぎる

大好きな彼に、自分のことを少しでも多く知ってもらいたい! その気持ちは分かりますが、メールを開いて本文が文字でびっしりと埋め尽くされていたら怖いです。「この子と付き合ったら、いろいろ面倒かも……」と思われるだけなのでやめましょう。

■非常識な時間帯のメール

メールを早朝や真夜中に送ってしまう人は「電話みたいにその場で出るわけじゃないんだから、いつ送ってもかまわないでしょ」と思っています。確かに、これも一理あります。しかし、世の中のすべての人が寝るときに携帯を就寝モードにしているわけではないのです。仕事で疲れて帰ってきてベッドに入り、ようやくウトウトしはじめた頃に「ピロリン」とメールが着信する。これはかなりイラッときます。

 おまけに、眠い目をこすりながら開いたメールに「こんばんにゃ! ○○くんはもう寝たかな??? 私は今からお風呂上がりのストレッチで〜す! 」なんて書いてあったら、「なんて無神経な女だ。自分の都合しか考えてないじゃないか」と嫌われてしまっても仕方ありません。基本的に、メールのマナーも電話と同じ。非常識な時間帯は避けましょう。

いつでも好きなときにメッセージを送れる。相手の顔を見ずに思いが伝えられる。恋する女子にとって、彼のメルアドほど輝けるアイテムはありません。しかし、メールの出し方によっては、距離が縮まるどころか逆に嫌われてしまう可能性も。人間性が出やすいツールだからこそ、メールの内容や送るタイミングには気を付けましょう。

 

関連コラム

 

婚活、復縁、恋愛の悩みを解決する成功の法則とは?
片思い、不倫、復縁…辛い恋が一瞬で解決する相談相手とは?
人見知りで99%諦めていた恋愛運を上昇させ結婚につなげる方法
男ウケ狙いがバレバレ!独女がやりがちな間違ったモテテク10選

Written by 渡瀬ちほ
Photo by kaizen.nguyễn (改変 gatag.net)

【未分類】の最新記事
  • 「何系がタイプ?」彼が本当に女性に求めているのはなに?
  • 駆け引きよりも即効性!ガツガツしすぎない恋愛テクニックとは?
  • うっかり友人とセックスしても友情を壊さない振る舞い方
  • ノーマークから脈アリに逆転する恋愛テクニック
  • 「プロポーズしたいのにできない」男子のホンネとは?
  • チャンスを逃さないで! 彼氏ができる前兆をチェック!
  • 心理占い|簡単に取り入れられる「金運が良い人の特徴」6つ
  • 年下の男性を射止める大人女性の魅力とは?