ジャストシステム株式会社は無料通話・チャットアプリの『LINE』を利用している既婚の男女800人を対象に、「LINEを始めたあとの夫婦間の状況」について調査を行いました。

その結果、LINE開始後のコミュニケーションについて39.5%の人が「頻度が高くなった」と回答。
さらに、夫婦仲については、29.4%の人が「良くなかった」と回答しているのです。

サービス登録者数が2億人を突破したLINE(2013年7月23日時点)。

ますますその利用動向に注目が集まりますが、筆者の周りにいるカップルにリサーチしたところ、LINEは夫婦間だけではなく、カップル間にもよい影響を与えることがわかったのです。

 

LINEでカップルの親密度アップした理由5選

 

● その1:声を聞く機会が増えた

「前はSkypeを使っていたんですけど、時間を合わせてパソコンを開いて……というのが面倒で。LINEでのやり取りが増えてから、仕事の休憩時間や、帰宅途中に『ちょっと声、聞かせて』と、電話するようになりました。電話できないときは、『おはよう』など音声を送ったり。通話も無料だし、金銭的にすごい助かってます」(28歳/派遣)

● その2:彼の返信が早くなった

「私は頻繁にメールしたい派なので、メール無精の彼に不満を感じてました。ところが、お互いLINEで会話するようになってから、ポンポンとチャット感覚で返してくれるようになって、結構感激しています。言葉はなくても、スタンプで返ってきたり(笑) だいぶ不満は解消しました」(27歳/広告)

● その3:ゲームで生活に楽しみが生まれた

「共通の趣味がなかった私たちは、デートをしてもどことなくマンネリ気味でした。そんなときに友だちに教えられて始めたのがLINEバブルとLINE POP。ゲームが苦手な私でも簡単にクリアできるので、暇さえあれば彼と点数を競っています。ハートを贈り合ったり、攻略法を伝授し合ったりと、こんなにゲームにハマッタのは、小学生以来かも」(30歳/小売)

● その4:タイムラインで近況が把握できるようになった

「LINEを始めて良かったことは、タイムラインで彼の近況が分かるようになったことですね。お互いTwitterやFacebookはやっていても、浮気を疑うor疑われるのでイヤで、フォローし合ってなかったんです。ところがLINEだと、タイムラインが否応でも見えるので、彼の近況が見えてちょっとうれしいです」(29歳/製造)

● その5:グループチャットで同級生にいじられた

「“知り合いかも?”がきっかけで、繋がった同級生。数年ぶりにLINEで話し、彼氏ができたと伝えたら、『話してみたい!』と彼氏を巻き込んでグループチャットに突入。『一度会おう』という流れになり、後日3人で食事に。そのとき友だちが私をホメ倒してくれたおかげなのか? 先日彼からプロポーズされました」(32歳/メーカー)

 

LINEは男女のコミュニケーションツールとして効果抜群!

 

いまやSNS、無料通話・チャットアプリは、コミュニケーションツールのひとつとして世の中に普及しています。

「最近、ちょっとマンネリ気味かも……」「もっと彼と距離を縮めたい」と悩んでいる女性は、今こそLINEを活用して彼との関係を見直してみてはどうでしょうか。

 

関連コラム

 

口の臭いで恋が終了!?汚れが目で見える「口臭ケア」とは
10年間の片思いがあっという間に成就した体験エピソード
ユーザー数2億人突破!便利だけど「LINE」がたまにウザい
仕事デキない女はモテない!男性が「使えないな」と思った女6選
恋愛を成就させる「幸福の方程式」が噂に!?
(参考)
LINEで3割の夫婦「仲良くなった」、4割がコミュニケーション頻度上がる(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130123_584631.html

Written by 柚木深つばさ
Photo by LINE公式ホームページ

【未分類】の最新記事
  • 「視線を感じるっ!」今、あなたにみだらな熱視線を送っているのは…この人
  • あの人はいつ私に告白してくれる?
  • これはセフレってこと? 男性が女性をセフレと見なす時の態度
  • ワンナイトは嫌!ヤリ捨てされないために気をつけるたった4つのこと
  • 「付き合ってるんだから、セックスしないとダメ」←んなわけない
  • 3ヶ月以内にあなたの目の前に現れる結婚相手候補、その姿
  • 心理学で解説! カレが思わず「誘いたい」と思うファッション4選
  • 大好きな彼に愛撫をもっとしてもらいたい!エッチの「促し」テクニック4選
あなたへのおすすめ