好きな男の子をメロメロにしようと、エッチのテクを磨いてはいませんか? 

確かに男子はエッチが大好きですが、エッチを女の武器として使うには、注意が必要。どんなに気持ちいいエッチを披露しても、「やってやったぜ!」という達成感をもたせてしまうため、すぐ捨てられてしまったり、単なるセフレにされてしまったりするリスクもあるのです…。
 
男の子をメロメロにするのに、エッチまですることはありません。「キス」だけで十分。
むしろ、「惚れさせる」のだったら、キスのほうが適しているともいえます。

そこで今回は、男の子をメロメロにしてしまう「キスのやり方」をご紹介いたします。

舌が不器用な子でも使える簡単なテクニックですので、安心してくださいね。

 

唇を攻める

 

唇は性感帯です。
キスでは、唇、舌、歯茎…と多くの個所を刺激することができますが、おろそかにされがちなのが、入り口である「唇」。感度が高い場所なので、しっかりと感じさせてあげましょう。

自分の上唇と下唇で、片方の唇を挟み込んで横にすべらせたり、挟んで離してを繰り返した後、上唇を上唇に、下唇を下唇に押しつけたりすると効果的。

舌を使って、唇だけ舐めたり、吸いついて刺激したりする方法も強力です。

なかなか舌を絡めないことで、“焦らし”の効果も期待できますよ。

 

香りで包む

 

香水やボディクリームなどの香りが、もっとも効果を発揮するのがキスの場面。

味覚と嗅覚は密接に関わっています。鼻をつまみながら料理を食べても、あまり味を感じることはできませんよね。

「キスの味」といっても、せいぜい直前に噛んでいたガムの味くらいしかしないものですが、舌を絡ませながら「女のいい香り」を嗅がせることによって、「このキス、おいしい〜……」と味覚・嗅覚・触覚の快感に包み込まれるような錯覚を起こさせることができるのです。

嗅覚の刺激による記憶は、五感のなかでも、特に感情にリンクしやすいといわれていて、洗脳や催眠などでも「香り」による条件付けがよく活用されます。

一度この快感を味合わせたら、次にはその香りをかがせるだけで、男の子はメロ〜となってしまうのです。

 

手を活用する

 

キスをしている最中に、あなたの手はどこにありますか?
ただ相手の背中などをつかんで遊ばせているだけでは、もったいないです。

唇と舌の動きに集中することはもちろん必要ですが、慣れてきたら、両手も活用して、男の子をもっと刺激しましょう。

背中や腕、首など触れる個所はいろいろとあると思いますが、おすすめなのが後頭部です。

人間は、「普段、意識がない場所」に対する刺激にすごく敏感なもの。ワキの下や、腿の後ろなどが、ちょっと触られるとぞわぞわと感じるのは、普段その個所を、触られることが少ないからです。

髪の毛で覆われた後頭部は、普段、人から触られることが少ない箇所であり、しかも、耳という聴覚を司る器官にも近いため、実は非常に敏感。

キスをしながら、相手の後頭部を優しく触ってあげると、男の子は包まれるような愛情にメロ〜となってしまいます。

後頭部は赤ちゃんのときに、ママによく触られた場所であるのも、気持ちよく感じてしまう理由のひとつかもしれませんね。

 

「とろけちゃいそう…」

 

これはキスの最中というより、終わった後のテクニック。

身体的に気持ちよくさせた後は、精神的に気持ちよくさせ、とどめをさします。

ぼーっと、放心状態の顔を見せたのち、「…なに。。このキス。とろけちゃいそう…」と言ってあげましょう。

「そんなによかったのか? 俺ってキスうますぎるな」と精神的に気持ちよくさせることができます。

また、相手も「今のキス、すごいよかったな」という感想はもっているはずですが、男の子はボキャブラリーや表現力が豊かではないことが多いので、こちらの感想として「とろけちゃう」という言葉を使ってあげることが、とても大事。

そうすることで、「確かに、とろけちゃいそうだったな…俺も」と、彼の感想までコントロールすることができるのです。

ここに、あなたのキスにメロメロになった男の子が、またひとりできあがりましたね。

エッチをしてしまったら、そこで終了…なんてこともありますが、キスの場合は「そこからがはじまり」。女の子にとって、とても大きな武器になりますので、ぜひマスターしてくださいね。

 

関連コラム

 

好きな人と結婚したいタイプが違ったら「好き」を取るべき理由
「愛する恋愛」と「愛される恋愛」どっちが幸せなのか?
男がカワイイと勘違いしてくれる「女のワガママ」の境界線
老けて見える原因NO.1。ほうれい線を目立たなくする方法

 

佐々木英造プロフィール

 

佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。
Written by 佐々木英造
Photo by vgstudio

【未分類】の最新記事
  • あの人はいつ私に告白してくれる?
  • これはセフレってこと? 男性が女性をセフレと見なす時の態度
  • ワンナイトは嫌!ヤリ捨てされないために気をつけるたった4つのこと
  • 「付き合ってるんだから、セックスしないとダメ」←んなわけない
  • 3ヶ月以内にあなたの目の前に現れる結婚相手候補、その姿
  • 心理学で解説! カレが思わず「誘いたい」と思うファッション4選
  • 大好きな彼に愛撫をもっとしてもらいたい!エッチの「促し」テクニック4選
  • 年下の彼と揺れた恋騒動【決め手になったあの一言】
あなたへのおすすめ