男性からすれば、顔のかわいらしさだけが女性の「モテ」ではないのです。言葉遣い、もっと言えば「イラッとする喋り方」などが女性から「モテ」を遠ざけている原因だったりします。じゃあ、どんな喋り方がNGなのでしょうか。5つのポイントを通してモテない言葉たちを探ってみたいと思います。

 

1.「それって私が」「私もね」と「私」を連発はNG

 

まず、男性でも女性でも敬遠されがちなのが、「私」を連発する「私」女。どんな話でも自分の話に持っていく傾向があります。恐ろしいのは本人が気づいていないことがほとんどという点。とくに聞き役の男性がおとなしい性格の人だったら、「私」の連発に異を唱えることができず、あとからぐったりしていることもあります。それでいて本人は「今日は彼との会話が盛り上がったわ!」とご機嫌だったりするので手に負えません。それを防ぐには「あなたは?」「あなたはどうだったの?」とたまには相手に質問を降る気遣いを見せること。「私」女にはくれぐれも注意しましょう。

 

2.「嫌い」「好きじゃない」と自分の好悪を連発はNG

 

子供っぽい女性に多いのですが、「私、それ嫌い」「これ、あんまり好きじゃないからやめよう」などと、自分の好悪だけを結論にして話を終わらせてしまう場合。男性をかなりげんなりさせてしまいます。周りにそんな女性がいたら、やんわりと、「今は個人の意見より全体を考えてみようか」などと話題を元に戻してあげましょう。

 

3.「鬱陶しい」のネガティブワードはもちろんNG

 

鬱陶しい話題ばかり持ち出されたら、誰だってうんざりするものですよね。もちろん、悩みを聞いてもらうのはアリですが、普段の会話からネガティブな言葉ばかりだと聞いている方も暗い気分になって、ずっと一緒にいたいとは思えないものです。誰だって一緒にいて明るい気分になれる女の子のほうがいいものですから。

 

4.「たいしたことないね」と他人をジャッジばかりするのはNG

 

自分のことを棚に上げて、他人のジャッジばかりするのもNGです。そんな話ばかりされていると、「自分のいないところでは、自分のこともそんなふうに言っているんだろうな」と思われてしまいます。

 

5.「これするの大変だったの」と自分の苦労を自慢するのはNG

 

さらに、苦労自慢の女性も敬遠されてしまいます。「褒めて欲しい」「自分に注目して欲しい」という願望が見えてしまって、恋愛する気分になれないという意見がちらほら。確かに、苦労してもわかってくれる人だけわかってくれたらいい、というくらいの女の子のほうがモテますよね。
いかがですか。NGワードを連発する女性たちの言動をまとめてみました。反面教師にして、モテる女性になりたいものですよね。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

【未分類】の最新記事
  • デートの支払いはどうする?学生〜社会人カップルにアンケートで調査
  • 今日のデートのあと彼はエッチしようと考えてる?
  • 忘年会の前に練習したい! カラオケをうまく歌うコツ
  • LGBT当事者が語る“同性カップルと異性カップルの違い”
  • 名前で分かる!あなたは一年以内に結婚できる?
  • 「独身」生活から抜け出した女性 奇跡の恋愛体験!
  • 運命の恋の予感!次にあなたが出会う異性はどんな人?
  • セックスで演技をしてしまう理由と女性の本音