「女の幸せ」をつかめる女性とはどういった人でしょうか? 今回は、「女の幸せ」をつかめる女性とはどういった人かについて考えてみたいと思います。
 

「女の幸せ」とは何か?

 
「女の幸せ」とはなんでしょうか? 
 
ひと昔前は、
・すてきな彼氏ができる
・経済力のある夫と結婚する
・かわいい子供ができる
・幸せな家庭生活をおくる
このあたりが「女の幸せ」だと考えられてきました。
 
ですが、現在では、そういった「女の幸せ」をつかんでも幸せを感じられない人も多いことが明らかになっています。結婚しても別れる可能性もありますし、本当は別れたいのに経済的な問題で別れられないという人もいます。また、子供が欲しいとは思っていなかったのに、周囲のプレッシャーに負けて子供を産み、子育てに苦しんでいる女性もいます。
 
子育てで幸せを感じられる女性もいれば、苦痛に感じる女性もいます。家事をするより外で働いている方が幸せという女性もいれば、仕事をやめて家事をしていられるのが幸せという女性もいます。
 
つまり、普遍的な「女の幸せ」なんてものはないのです。あるのは、「個人の幸せ」「自分独自の幸せ」だけです。
 

本当の意味で「女の幸せ(自分独自の幸せ)」をつかめる女性とは?

 
次に、女の幸せ(自分独自の幸せ)を手に入れられる人はどういった人か、をみていきましょう。
 
「女の幸せ(自分独自の幸せ)」をつかめる女性1 周りに流されない 幸せを感じられる人は、周りに流されない人のことです。人間は社会的な生き物ですから、どうしたって周りの目が気になったり、流されたりしがちです。
「〇〇が幸せの形」という幸せのひとつの形を、自分は望んでいないのに流されて実現してしまっては、空虚感がつのるだけです。まずは、世間の風潮に流されず、自分にとっての幸せとは何か、をしっかり考える必要があるでしょう。
 
「女の幸せ(自分独自の幸せ)」をつかめる女性2 「今」を大切にできる 幸せとは、「この条件をクリアしたから幸せになれる」というものではありません。たとえば、小説の新人賞をとりたいと思っていた人が、新人賞を獲得して華々しくデビューできたら幸せでしょう。ですが、その幸せは永遠には続くことはありません。その一冊で終わるかもしれませんし、二冊目が出せてもまったく売れないかもしれません。幸せとはなるものではなく、感じるもので、「ずっと幸せ」はありえないのです。
 
過去を後悔し、未来を憂いたりしていては幸せを感じる時間はほとんどありません。幸せを感じるスキルのある人とは、今この瞬間を大切にできる人のことです。今を大切にできる人は、心配や後悔とは縁遠くなります。
 

さいごに

 
今回は、女の幸せとは何か、幸せつかめる女性とはどういった人か、について私見を述べてきました。
 
あなたは、「あなたの幸せとは何か」を知っていますか?
 
知らないという人は、まずは自分自身に問うことから始めてみましょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■ケンカをしてもラブラブなカップルになる方法って?
■とにかく愛されたい!あなたを大切にしてくれるのはどんな異性?
■難しいけどやる価値はある。「自分を好きになる」5つの訓練方法
 

自分】の最新記事
  • 「選ばれる女」「プロポーズ待ちの女」はもうやめよう
  • 人肌恋しい季節に! 女性の性欲の解消法
  • 「古き良き女性」…ところで誰にとっての「良き」なの?
  • 「女の幸せ」をつかめる女性とは?
  • 美しくなれてストレス解消にも! 一人エッチのメリットとは?
  • 職場でもプライベートでもモテる「機嫌がいい人」になる5つの方法
  • 難しいけどやる価値はある。「自分を好きになる」5つの訓練方法
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?