寒い季節になると人肌恋しくなり、女性の性欲が増していくということもあります。冬は恋人向けのイベントがたくさんあります。例えばクリスマスや年末年始、お正月、冬休み、バレンタインなど。
 
1人で過ごすのもいいけれど、できれば誰かと一緒に過ごしたくなるような冬の季節。
そもそもなぜ寒いと人肌恋しくなってしまい、女性の性欲が増してしまうのでしょうか?
 

なぜ寒いと女性の性欲は増すのか?

 
寒いと人肌恋しくなってしまうのは動物として自然なことです。
人間は動物です。気候や気温によって、本能的に心理変化が起こりやすいです。寒い季節になれば、寒さをしのぐために誰かと身を寄せあって温かくなりたいと思うのです。
 
また冬は太陽の光が少なくなりますよね。太陽の光によって分泌量が変わる「セロトニン」は、別名「幸福ホルモン」と呼ばれていて、気分や感情、生体機能全般のコントロールに欠かせない神経伝達物質です。
 
太陽が光を照らしてくれると、なんだかほっとした安心感がありますよね。冬の期間に日照不足によってセロトニン分泌の減少が大きな原因とも考えられています。
なんだか不安な気持ちになってしまうと、誰かと肌を寄せ合って安心したいという気持ちが働くのかもしれません。
 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • 今抱えている不安や悩み…解決することはできる?
  • 人肌恋しい季節に! 女性の性欲の解消法
  • 「古き良き女性」…ところで誰にとっての「良き」なの?
  • 「女の幸せ」をつかめる女性とは?
  • 美しくなれてストレス解消にも! 一人エッチのメリットとは?
  • 職場でもプライベートでもモテる「機嫌がいい人」になる5つの方法
  • 難しいけどやる価値はある。「自分を好きになる」5つの訓練方法
  • 自分占い|あの時ついてしまった嘘…正直に打ち明けるべき?