先日、丸刈り謝罪を行ったAKBの峯岸みなみについて、スキャンダル事件としては先輩の指原莉乃が「あの発想はなかった!」と発言しました。

このように女性同士で「あの発想はない!」という事態が発生するのは珍しいことですが、違う生き物である男女同士においては、男性の言動や考え方の違いに驚くことはよくあることです。

そこで、彼の言動で「その発想はなかった!」というおバカな勘違いエピソードを調査してみました!

 

その発想はなかった!彼氏の勘違いエピソード5選

 

思わず笑ってしまう、彼氏のおバカな勘違いエピソードを調査してみました。

●その1:ブラは乳首透けを防ぐためだけ

「以前、彼氏に『どうしてブラってサイズがたくさんあるの?』と聞かれました。質問の意味がわからなかったのですが、話を聞いてみると、ブラには胸が揺れて垂れないように抑える役目があるのに、彼は乳首が透けるのを防ぐためだけのものだと思っていたよう。男の人はブラの役目なんて知らないのかもしれませんね」(30歳/商社)

●その2:飛行機は土足禁止

「飛行機に乗ったことがない彼と北海道旅行を計画しました。荷造り中、彼が靴を入れるビニール袋とスリッパを用意し始めて不思議に思っていると、なんと飛行機は土足禁止だから空港でスリッパに履き替えると思っていたらしい! 想像して笑っちゃいました」(24歳/金融)

●その3:ものに例えると?

「就活の面接時、彼氏は面接官から『あなたをモノに例えると何ですか?』という質問を受けたそう。彼氏はなぜか自信満々に『跳び箱を跳ぶ永井大です!』と答えたらしい。まずモノじゃないし、なぜ跳び箱を跳ぶシチュエーションなのかも謎。彼からは永井大が跳び箱を跳ぶ姿がいかにすばらしいかを力説されましたがまったく分かりませんでした」(26歳/サービス業)

●その4:キャベツのおつかいを頼んだら……

「ロールキャベツを作ろうと思い、彼氏にキャベツのお使いを頼みました。戻って来た彼がぶら下げていたスーパー袋の中にはレタスが。怒ると彼は『え、これってキャベツじゃないの?』と困惑顔。彼がどれだけ料理をしないかよくわかりました」(33歳/飲食)

●その5:パンストは下着!?

「彼氏は、パンストは下着と同じで、パンストを履いたらショーツは履かないものと思っていたらしい。それじゃあ丸見えだし、痴女じゃない限りありえないですよね。おバカすぎて愛らしささえ感じてしまいました(笑)」(31歳/派遣)

 

彼氏の勘違いは寛大な心で受け止めて!

 

育った環境や男女差は、ときに考えもつかない言動を引き起こします。

しかし、男性は常に女性よりもプライドを高く持っていたいもの。

引いたり怪訝な顔をしたり、馬鹿にするのはNGです。

もし彼がおバカな勘違いをしていたとしても、心の中でかわいいなぁと思うだけに留め、さりげなく答えに導いてあげたり、自分の勘違いエピソードを話してあげると、彼を傷付けることなく、お互い和やかなままうまくいくと思いますよ。

 

関連コラム

 

理解不能の男心を徹底分析!男性の生態と性癖にまつわる記事4選
彼氏をコントロール!恋愛に使える心理学4選
見た目年齢「−21歳」を実現した驚異のスキンケアとは?
連絡も取れない元彼と奇跡の復縁を果たした方法とは?
Written by 姫野ケイ
Photo by imagerymajestic

両思い】の最新記事
  • 長続きするために要注意!カップルの危険なマンネリポイント
  • 好きな人のためになんでもする女性は幸せになれるの?「なんでも」の限度、ちょうどいい塩梅とは?
  • 元彼に浮気された女性が、今彼に絶対しちゃいけないこと
  • コレが地雷ポイント! 年上彼氏が年下彼女と別れたいと思う理由
  • 出会ってすぐ「結婚したい」と思っても3カ月は我慢した方がいい理由
  • 年の差カップルの苦悩…年下彼氏とうまく付き合う方法
  • 後悔するだけ!「彼氏に浮気されたから浮気して仕返し」が虚しい理由
  • 【寂しさと甘えのはき違え】自分の本音に気づかず恋をブチ壊す女たち