お互いの事を何も知らなかった恋愛初期に比べて、最近では話さなくても何を考えているかわかるようになってきた二人。穏やかな日常……のはずが、なんだかそれがあまりいいことに思えない、なんてことありませんか? 何を考えているかわかるということは、言い換えれば、すべて自分の予想通りということで、意外性がないのです。これではどきどきもしませんよね。そんな倦怠期、みなさんどうしているのでしょうか? 乗り越えるのか、別れるのか。それぞれの対応をまとめてみました。

 

別れる

 

倦怠期が原因で別れを選ぶカップルも多いようです。これのつらいところは、どちらか一方が倦怠期だと思っているけれど、もう片方はそんなことなく、付き合い始めの頃のようにドキドキしている場合。倦怠期だと思って別れを告げたら、相手にとても悲しまれた、などということが起こります。仕方ないといえば仕方ないのですが、切ない。けれど、そもそもその温度差が倦怠期の原因だったのかもしれないと思って、なんとか割り切りましょう。

 

様子を見る

 

すぐに別れなくても、まずは様子をみるということで、「距離を取る」人もいます。これは距離を取ることを、相手に告げる場合と、そうでない場合の二通りが考えられます。相手に告げる場合は、「ちょっと会うのを控えたい」「仕事が忙しくて」などと遠まわしに、理由をつけて距離をとるのがおすすめです。いきなり「倦怠期だから、会うのをやめよう」というと、そう思っていない相手が余計にこちらに執着して、会おう、会おうとすることが多いのです。そして、ますますうんざりして別れに至る、などというパターンもあります。
そうなるのが面倒くさくて、相手に告げず、なんとなく連絡を控えて距離をとる場合もあります。しかしこれも考えものです。最初はうまくいくでしょうが、やはりこちらの態度に熱が入っていないのを、向こうはすぐに気付きます。そうなると、「どうして?」などと責める姿勢になりがちなので、対応が難しくなることも。

 

話し合う

 

そうなると、やはり話し合うのがベターかもしれません。気持ちの変わっていない相手からすれば、ショックかもしれませんが、付き合いを続けたいから距離を置きたい、と説明すればわかってもらえるでしょう。あるいは、不安から余計にこちらに執着して、束縛を強めてくることも考えられますが、そこは強気に「そんなだから距離をとりたくなるの」と言い放ちましょう。

倦怠期に限らず、相手との温度差があるのは辛いものです。ただ離れていることによって、やはり相手が自分にとって大切な存在だと実感することは多々あります。まずは一時的な距離だと、丁寧に説明してわかってもらいましょう。Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

両思い】の最新記事
  • 彼氏との倦怠期中は他の男と遊ぶべし? ラブラブに戻るためのお作法
  • 喧嘩は書面で!? カップル独自の「仰天ルール」
  • 思わぬところが地雷に!年上彼氏が年下の女性に対して冷める瞬間
  • 彼氏に浮気された!「やられたらやり返す、倍返しだ!」が虚しい理由
  • もっとリードしてほしい! 頼りない彼氏を変えるには?
  • かわいい年下彼氏と上手に付き合う秘訣を伝授!
  • マンネリ知らず! 彼氏に飽きられない女性がやっていることって?
  • 性欲がない彼氏にお悩みの方へ。彼にセックスしたいと思わせる方法