皆さまこんにちは。心理占いカウンセラーの澪です。
 
楽しい会話は、相手への好感度がグンと上がります。
「話したことなかったけど、話すと意外と楽しかったな」と思ってもらえれば片思い中の人でも脈ありに変わることもあります。
 
しかし、リモートワークやおうち時間が増えている中で、片思いの人と直接会って話せる機会はとても少なくなっていますよね。
 
会える時間が少ないからこそ、一回の会話で確実に好感度を上げたい!そんなあなたに、今回は「会話で使える恋愛心理テクニック」をお伝えします。
 

(1)元気がなさそうな時に話しかける

 

どんなに元気な人でも、毎日元気でいるのは大変なことです。
何かしらで元気がなかったり、落ち込んでしまったりする日は必ずあるでしょう。
 
人は元気がない時心の中で「誰かに声をかけてもらいたい」と思っているのです。
自分から「体調悪い」「元気がない」なんて仲が良い人でないと言いずらいことですからね。
 
そんなに仲がよくなくても、片思いしている彼が元気がなさそうな時にそっと「大丈夫?今日元気なくない?」と声をかけてあげましょう。
 
「大丈夫だよ」とそっけない態度をとられたとしても、安心してください。
自分のことを気にかけてくれる人に対して悪い印象は持ちません。
 
一歩踏み出せたと思っていいでしょう。

(2)相手が尊敬している人を褒める

 

直接片思い相手のことを褒めるのは少し恥ずかしいという人におすすめなのが、相手の尊敬している人を褒めることです。
 
例えば、相手の男性が尊敬している上司について「○○なところが尊敬できる」「すごくお世話になっている」などの言葉を使いほめてあげましょう。
 
相手と同じ好きなものを共有することで、好感度を上げます。
また、誰かのことを褒めることができるという優しい人間性もアピールすることができます。
 
注意したのが、褒めている相手のことを好きだと勘違いされないようにしましょう。
 
褒める相手は恋愛対象の年齢の人を避けたり、女性の上司にしたりすると誤解されませんよ。
 

(3)会話に相手の名前を入れる

 

片思い中の相手と会話をするときは、相手の名前を出しながら会話をすると好感度があがります。
 
美容室などでも、名前を呼ばれて接客されたほうが嬉しいと感じませんか?
 
会話中に、自分の名前が出てくると「自分を意識して会話してくれている」と感じる人が多く、相手にポジティブな印象を与えるのです。
 
おすすめは、相手に質問をするときなどに名前を入れることです。
好感を生むからといって過剰に名前を呼ぶのはNGです。適切に使い分けしましょう。

(4)相手の目を見て話す

 

好きな相手だと恥ずかしくて顔を見て話せない人もいるかと思います。しかし、相手の目を見て話すのは心理的に好感度が高くなると言われているんです。
 
逆に会話中に目をそらしてしまったり、目を見ないで話したりすると相手からは「嫌われている?」「怖がられている?」と勘違いさせてしまいます。
 
会話中に無理に目を見ようとして目つきが悪くなってしまってもいけません。
恥ずかしくて目を見て話せない人は、頻繁に笑顔を作ることを忘れずにしましょう。
 

おわりに

 

いかがでしたか?会話で使える恋愛心理テクニックについて紹介していきました。
 
会えない時間はLINEなどでの会話で仲を深めますが、やはり会ってコミュニケーションを取るのが一番好感度を上げます。
 
直接話せる機会を大切にして、今回のテクニックを使ってチャンスを逃さずにしてくださいね。
 
(澪/ライター)
 
■乱用禁止!男性をキープしておく小悪魔テクニックとは?
■男性が「今すぐにでも会いたい」と思うモテ女のテクニック
■落ち着いた恋がしたい!「大人の恋愛」ってつまりどういうこと?

モテ】の最新記事
  • 男性が一撃で”好き”になっちゃう何気ない仕草
  • モテる女も実はつらい?非モテにはわからないモテ女の苦労
  • 誰もが憧れる「デキる女」に明日からなれる方法
  • 男性にモテる?「ピュアな女性」の特徴
  • 「変わりたい」なら”憧れている人”をマネすると変われるのか?
  • モテる女の象徴!自立している女性の特徴と基準とは?
  • 女子力が高ければ本当にモテるの?本当にモテる女子力とは
  • 嫌われる…「思いやりがない」と男性に思われてしまう原因