今月、太陽がおひつじ座に、土星はみずがめ座に入ります。

舞台の幕が開けるようなウキウキ感がある一方で、浮かれ気分を抑えて堅実にいきたいムードも生まれそう。

 

前半と後半でもだいぶ空気感が変わります。自分の3月の運勢をしっかりチェックしておきましょう。

 

おひつじ座(牡羊座)(3/21-4/19)

 

今月は自分のことと仕事に意識が向きやすい月です。

好きな人がいても、婚活に専念しようと思っても、恋愛以外のことが気になってなかなか集中できないかもしれません。

 

10日前後は仕事について考えると良さそうです。自分の欲しいものが手に入るのか、いま何を求めるのかをよく吟味して。

 

24日から月末にかけては、気持ちを新たに前進あるのみ。周囲もあたたかく見守ってくれるはずです。

 

おうし座(牡牛座)(4/20-5/20)

 

恋愛運がアップ中。10日前後は特に、好きな人のことや出会いの探し方について、広い視野で考えてみると良さそうです。

また、この時期になってもモタつく関係はもう先の見通しが立たないかも。潔く清算して新しい一歩を踏み出した方がいいでしょう。

 

20日過ぎからは、落ち着いて仕事に取組む流れが出てくるはず。

不安や迷いがあっても、無理に即断即決しないで堅実にいきましょう。中長期的な目標には具体的な計画を立てたり、準備を始めたりするといいかもしれません。

 

ふたご座(双子座)(5/21-6/21)

 

自分に向けられる言葉に注目したい月です。アドバイスや提案やダメ出し……相手が何を意図して言ったのかを考えてみましょう。

 

恋愛運はボチボチ。運任せにしても今月はあまり収穫がなさそうです。

勝負をかけたいなら、自分から動いてチャンスを引き寄せた方がいいかもしれません。

 

後半に入ると、人間関係に動きが出てきて誘われたり、人脈が広がったりするはず。

普段はあまり接する機会のない人とも繋がりができそうなので、じっくり縁を深めていきましょう。

 

かに座(蟹座)(6/22-7/22)

 

好きな人がいるなら、月の前半は積極的になると良さそうです。自分からアプローチすることで関係が進展したり、周囲のサポートが期待できたりするでしょう。

気持ちを態度で示して察してもらおうとするのではなく、ちゃんと伝わるように言葉で表すことが大事です。

 

20日をすぎると、仕事に集中する流れが出てくるかも。

興味深い提案を受けたら、「自分にできるだろうか?」「責任が重そう」と感じても安易に逃げないで。思い切って受けてみると良い経験ができそうです。

 

しし座(獅子座)(7/23-8/22)

 

月初は半径5メートル以内の身近な生活や、自分自身のことを大切に。

体調不良やうまくいかない部分があるなら、集中してメンテナンスに努めましょう。

 

20日以降は、視野を少しずつ広げて大切な人と真摯(しんし)に向き合うことが大事。

好きな人がいるなら、「どうにかなるさ」ではなく、計画的かつ堅実に関係を進めると良さそうです。

月末からは特に、情熱をいかに行動で表せるかが恋のカギになるはず。

 

おとめ座(乙女座)(8/23-9/22)

 

恋が盛り上がる月です。普段は落ち着いているおとめ座さんですが、今月は無鉄砲に振る舞うくらいがちょうど良いかもしれません。

10日前後は、恋の進捗を見ながら自分自身を整理するタイミングになりそう。

 

下旬に入ると、恋愛よりも仕事や日常生活に目が向かうはず。

新しい業務を任されたり、新習慣をスタートさせたりするなら、自分のことに専念するといいでしょう。足元をしっかり固めていくことで、今後の見通しが見えてくるかも。

 

てんびん座(天秤座)(9/23-10/23)

 

上旬は、身の回りを整理することで気持ちが落ち着きそうです。

自分がリラックスできる居場所や人間関係が固まってきたり、仕切り直しが必要だったり。

冷静に考えられる時期ですし、周囲からためになるアドバイスももらえるはず。モヤモヤを抱えていても、あまり杞憂しないで前向きになりましょう。

 

20日以降は、今まで以上に恋愛を堅実に進めていけそう。

ノリや勢いで何とかしようとするより、不器用でも丁寧に想いを語った方が進展できるはずです。なりゆき任せにしないで、自ら新しい関係を築くつもりで。

 

さそり座(蠍座)(10/24-11/22)

 

10日前後は、人間関係に一つの答えが出るはず。誰と何を話すのか、どう優先順位をつけるのかがハッキリ見えてくるでしょう。

 

恋愛は、たくさん語り合うことで心が通じ合う月です。前半は楽しく盛り上がることを重視しても、後半は関係性をしっかり築くことに集中して。

 

下旬に入ったら、自分が安心できる居場所を見定めたり、生活習慣の見直しをしたりすると良さそうです。春から新居に引っ越す、職場が変わるなど、環境が変わる人は特に自分のことを大切に。

 

いて座(射手座)(11/23-12/21)

 

月初は、仕事で勝負をかける場面があるかも。

そうした流れがなくても、自分から積極的に働きかけることで結果を出せそうです。やりたいことがあるなら、遠慮しないでガツガツいきましょう。

 

20日すぎから恋愛運がアップ。

いて座さんはノリで恋を進めがちなところがありますが、今月はきちんと話して心を交わすことを重視すると良さそう。「早く彼氏が欲しい」と思っても焦らないで。

月末に差し掛かるころには新しい展開があるはずです。

 

やぎ座(山羊座)(12/22-1/19)

 

自分の中に湧き上がる情熱が、確かな自信になる月です。

人任せにしないで、自分で舵取りをするといいでしょう。忙しくなっても結果的に満足できますし、充実した時間を過ごせるはず。

恋愛運も良い感じ。愛されるより愛することを求めていけばうまくいきそうです。

 

今月は、気持ちがおもむくままに行動することが大事。じっくり考えている間にチャンスはすぎ去ってしまうかもしれません。

ピンと来たらすぐ動くクセをつけておきましょう。

 

みずがめ座(水瓶座)(1/20-2/18)

 

頭の中でさまざまな思いがかけめぐる月です。

頭でっかちになる傾向はあっても、周囲の声に耳を傾けたり、いろいろな人と言葉を交わしたりすることで視野を広く維持できるはず。

 

20日をすぎると、ハッキリしなかった想いが形になり、自分から主張できるようになるでしょう。

月末に差しかかると、新しいテーマや今までにない周りとの関わり方が見えてきそうです。

 

恋愛は、アクションを起こすより「考え中」が多くなるかも。遠くばかり見ないで、自分の足許を見直してみてください。

 

うお座(魚座)(2/19-3/20)

 

10日前後は、大切な人との関係性がいっそう深まるタイミング。

仕事も恋愛も、「今まで」と「これから」でいったん線引きができそうです。

 

前半は人間関係が華やかに盛り上がり、翻弄されることもあるかもしれません。

でも、16日をすぎると冷静に対応して、自分に必要な関係性が正しく見極められるようになるでしょう。

 

20日をすぎると現実思考が増して、いつもよりテキパキ動けるはず。仕事にも良い意味で貪欲さが出てきそうです。

 

(沙木貴咲/占い師)
 
■【12星座別】3月の出会い運がアップする日
■【12星座別】2020年上半期の恋愛運
■【12星座別】異性を虜にする魅力
 

今月の運勢】の最新記事
  • 星座占い【5月の運勢】GWも自粛ムード…恋と仕事はどうなる?
  • 星座占い【4月の運勢】スタートの時期!自分を信じて
  • 星座占い【3月の運勢】出るところと引くところが明確に
  • 星座占い【2月の運勢】スムーズさと停滞が入り混じる
  • 星座占い【1月の運勢】新年がスタート!2020年に何を願う?
  • 星座占い【12月の運勢】2019年の終わりに注目したいこと
  • 星座占い【11月の運勢】実はもうカウントダウンが始まっている!
  • 星座占い【10月の運勢】欲しいものを手に入れる方法が見えてくる