元風俗嬢の天照メイです。
 
プロポーズされて「恋人」から「夫婦」になる時、いつまでも浮かれてはいられませんよ。
 
これからの人生に期待を抱くと同時に現実に突き落とされる。というケースもあり、お金のことは明白にしておく必要があります。
 
一緒に住んでいたら金銭感覚やお金の事情はなんとなく分かってきますが、結婚と同時に同じ屋根の下で暮らすとなれば結婚前にきちんと話し合っておいた方が良いですよ。
 
どんなに愛し合っているカップルでも「お金の切れ目は縁の切れ目」は有効だという事を忘れてはいけません。
 
結婚前に「お金の問題」について知っておきましょう!
 

お給料一年分の結婚式

 

夢の結婚式に一体どれくらいのお金がかかるかご存知ですか?
 
挙式や披露宴の平均費用は、約360万円〜500万円です。
挙式自体の費用は20万円ほどですが、会場の装飾や衣装、写真代諸々と友人へのお礼代など全て含めると大体1年分のお給料ほどの費用がかかることになります。
 
親御さんがコツコツ結婚式の為に貯めてくれていることもありますが、そうでなければお互いにお金を出し合うのが普通です。
 
“彼がプロポーズしてくれた=彼の結婚式の資金の準備ができた”という訳ではないので、女性もお金を結婚式のために貯めておく必要があるでしょう。

お金の使い方を知っておく

 

ここ近年の離婚の原因トップ6は、「パートナーの浪費」です。
 
お金の使い方には「浪費」「投資」「支出」の3パターンがあります。
この仕分けをした時に、お互いのお金の使い方による価値観が違うと一緒に生活していく上で喧嘩になる事が増えます。
 
特に「浪費癖」は、一緒に生活していかないと気付かない部分なので、「お金」のことで喧嘩や破局を避ける為にも、結婚前に知っておく必要があると思います。
 
結婚前に相手のお金に対する価値観を知りたいなら、結婚を意識しだした時点で同棲を始める事をオススメします。
 

借金の有無は先に話し合っておくべき

 

借金の有無は、必ず話し合っておくべきです。
 
多くの夫婦はお財布が一緒になるケースが多く、どちらかに借金がある場合は日々の節約や支払いの滞りが起こらないように協力しあう事が大切になるでしょう。
 
何故借金をしているかの理由も出来ればハッキリさせておく方が賢明です。
ギャンブルや遊びなどの浪費で借金をしているのか、そうではないかで今後の生活が左右されます。
 
また、お相手が会社経営者の場合は、融資を受けて会社を回しているケースが多く経営がいつどのタイミングで不安定になるかは予測不可能だということを肝に銘じておくべきです。

自己破産歴があるかどうか

 

借金はなくても自己破産している場合、ブラックリストや管報に載るので5年間クレジットカードが作れず、10年間は融資を受けることができません。
 
例えば、夢のマイホームが欲しくても破産後10年間は融資が受けられないなど不便な事が多いので、将来の計画をはっきりと立てているなら計画通りにいかない場合がある事を知っておいてください。
 
自己破産は制限期限を過ぎれば通常通りに戻るので、あまり大きな問題ではないでしょう。
 

今後の計画を一緒に立てるのが円満の秘訣!

 

子どもを作るにしろ家を買うにしろ、全てにおいて「お金」が必要です。
自分のお金と2人で使うお金を分けておき、自分1人で楽しむためのお金を用意しておくことをオススメします。
 
また、結婚前から2人で将来の計画について話し合うことを習慣にしておきましょう。
 
片方が強い想いを持っていても同じ気持ちでないと実現は難しく、お互いの不一致が多ければ人生を添い遂げられなくなるからです。
 
日頃から2人で将来の話をしていると夫婦関係が良好になり、方向性を合わせやすくなります。
お金が全てではありませんが、生きていく上でお金が必要になる以上はお金のことを考えなければなりません。
 
お金を上手に使う知恵を身に付けて、幸せな結婚生活を過ごしてくださいね!
 
(天照メイ/ライター)
 
■夫と「お金の価値観の違い」で破局しないための4つの方法
■結婚するなら覚えておきたい、今と昔の夫婦の違いとは?
■家事、金銭感覚、食事――価値観にギャップのある彼との結婚ってどう?

お金】の最新記事
  • 「だから結婚したくない」結婚したがらない男性が持つ“お金の価値観”とは?
  • 【結婚前の大切な話】「お金」で破局しない為に知っておくべき事
  • すぐにでも真似できる! 金運が良い人がやっている習慣6つ
  • 生活に簡単に取り入れられる!金運をアップさせるカラー
  • 金運アップに効果絶大!? 簡単にできる「お財布風水」で金運をアップしよう!
  • お金をかけなくてもおしゃれにできる! 節約しながらファッションを楽しむ方法
  • 稼ぐなら? パパ活とキャバクラどっちが稼げる?
  • 消費税10%引き上げ!消費税なしの時代から現代までを振り返る…