女性の場合、生理と妊娠はきってもきれない関係ですよね。

 

月経は女性の体の変化を示すバロメーター

 

 通常生理があった二週間前に排卵されるためその時期が一番妊娠しやすい時期とされています。したがって子供を望んでいない場合はきちんと避妊をし、子供を望んでいる場合は排卵日にタイミングをもつことで妊娠をする可能性を高くすることができます。子供を授かるためには様々な要因がうまくいくことが大切ですよね。女性の場合は排卵がきちんとおこなわれ、卵子が生きている間に精子と出会うことが重要となります。このタイミングが少しでもずれてしまうと子供を授かることは難しくなってしまいます。なので、子供を授かりたい場合はタイミングが重要となります。この知識を知っているかそうでないかで将来的に子供をすぐに授かることができるか、なかなかできないかの分かれ目ともなります。

 生理の後に排卵が起こり受精した場合は子供を授かることができますが、排卵をするタイミングは人によって異なります。最も適正値としておよそ2週間たってから排卵すると考えられていますが一ヶ月たっても排卵しない人もいます。そのような場合は月経周期が不順となるため早めに婦人科に行くことが大切です。将来的に子供を授かりたい場合は早めに治療をすることで治療回数や費用を抑えて子供を授かることができます。逆にいうと長期間放置していると治療期間が長くなることもあります。したがって自分が月経不順だった場合はすぐに産婦人科にいき治療をすることが重要です。

 また月経がなかなかこなかった場合は子供ができている可能性が高いため検査薬で調べることができます。月経がきてから2週間たってもこなかった場合に検査薬を使用する人が多いようです。その頃には検査薬も反応する時期となるため調べるにはちょうどよい時期となります。

 子供を望んでいても望んでいない場合でも月経は女性の体の変化を示すバロメーターともなるので長期間にわたり付き合っていくことが大切です。急激なダイエットなどで月経異常になると排卵をするタイミングもずれてきます。したがってストレスがかからない生活を心がけることが大切となります。また量や期間などもにも注目する必要があり、月経周期が長期間の場合は希発月経、短期間の場合は瀕発月経、また月経がこなくなった場合は無月経となります。量が多い場合は月経過多と判断され異常な月経周期となります。そのような場合は早めに婦人科に行き治療を受けることが大切です。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by feelim

出産・育児】の最新記事
  • まさかの授かり婚!もしものときのために知っておきたい対処法
  • デキ婚で何が悪い!?悪くはないけど、リスクも
  • なんで分かってくれないの! 妊娠中に彼を嫌いになる瞬間
  • イクメンは睾丸が違う!?男性の睾丸の大きさと育児参加に関係性
  • ニッキー・ミナージュ、妊娠中絶の辛い経験を告白
  • 生理の後の妊娠しやすい時期を把握しておこう!
  • 子供が産みたいから…焦る独身アラサーの悩みに答えはある?
  • ありがた迷惑!自称イクメンの勘違い行動にイライラ
あなたへのおすすめ