一昔前までは「女性は結婚して家庭に入る」ことが一般的とされてきましたが、いまではさまざまな生き方が受け入れられるようになりました。
とはいっても、「いまは好きな人はいないけれど、いずれは絶対に結婚したい!」と婚活に励んでいる女性も存在します。
 
ただその婚活理由が真っ当ではなく、実は自分のことしか考えていない場合もあります。
そこで今回は「好きな人はいないけれど結婚したい理由」について、いくつかご紹介します。
 

幸せな家庭を築きたいから

 
子どもの頃から漠然と「子どもを産んで幸せな家庭を築きたい」と考えている人は多いもの。その夢をかなえるべく、女性陣も懸命に婚活や彼氏探しをしているようです。
 
待っているだけじゃ結婚はできませんから、これは正しい心掛けかもしれません。ただあまりにも理想だけが高くなってしまうと、婚活も難航します。夢だけを追うのではなく、現実的に男性を見ることも大切でしょう。
 

乗り遅れたくないから

 
20代前半くらいまでは「良い人がいたら結婚したいな」くらいだったのに、友達や後輩が着々とゴールインする光景を見て、焦りが湧いてくることも。「このままずっと独身なのはイヤ!」と、結婚願望が生まれるようです。
 
またいまでも「アラサー女子が結婚に焦る」、もしくは「アラフォーになっても独り身女性」が主人公のドラマや漫画って多いですよね。そういった作品を見ていると、「私はこんな風になりたくない!」「周りから結婚できなくて可哀想って思われるのだけは勘弁」と、婚活スイッチが入るみたい。
 
もちろん目標に向かって頑張るのは良いですが、他者と比べすぎても疲れるだけ。まずは自分の良いところはどこなのか、その強みを見つけてあげましょう。
 

現状から逃げ出したいから

 
仕事や趣味など、現状に満足していれば、結婚願望もそこまで沸かないかもしれません。ただ「仕事がツラい」「誰かに幸せにしてほしい」など漠然とした悩みや不安があると、結婚に逃げたくなることも。
 
女性にとって結婚は大きなターニングポイント。たとえ現状から逃げるための結婚だったとしても、その先に幸せが待っていることもあります。「仕事よりも家庭に入る方が自分に合っていた」「子どもができたことではじめて生きがいができた」なんて人もいるでしょう。
 
しかし結婚生活は、はじめての連続。「こんなはずじゃなかったのに」と結婚してからのほうが、さらに新たな悩みが出てくることも。現状から逃げたいがために焦って結婚をして、後悔するケースもあるのです。
 
もしこのように“逃げ”から結婚を望んでいるのであれば、「自分はなぜ結婚したいのか」を冷静に考えるべき。その上で結婚以外に自分を助けてあげられる方法はないのか探してみましょう。感情が落ち着いてからのほうが、婚活もうまくいくと思いますよ。
 

さいごに

 
好きな人がいないのに、結婚願望ばかりが湧いてしまうときは気を付けるべき。
もしかしたら変な男性に捕まってしまうこともあるかもしれません。
 
結婚は相手あってのことなのですから、人によってうまくいくタイミングが違って当然です。
だからこそ周囲の女友達と比べず、自分のペースで婚活に励みましょうね。
 
(和/ライター)
 
■幸せな結婚ができる結婚相手の見分け方とは?
■出会い占い|半年以内に結婚相手に出会える確率は何%?
■結婚したいのに結婚できない男女が増えている?その理由とは
 

結婚】の最新記事
  • 結婚の鍵は意外にも友人だった?結婚に導いてくれる押し上手女子”とは
  • やってはいけない! 結婚したいのに結婚できない女性の特徴5選
  • 「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」その違いとは?
  • 10の質問でわかる! あなたの彼氏は良い旦那さんになる?
  • 後悔しないために知っておきたい「結婚後に豹変する男性の特徴」
  • やはり「30歳」がターニングポイントだった? 独身女性が増える要因とは
  • 忘れていませんか?婚活を成功させるための基本の「キ」
  • 絶対に譲れない! みんなが語る結婚のマスト条件6選