大昔は「女性は結婚して家庭に入る」ことが一般的とされてきました。
ですが、今では結婚にこだわることなく、さまざまなライフステージの描き方が受け入れられるようになりました。
 
とはいっても、「結婚すること」が大きな流れであることに変わりはありません。
「今は好きな人はいないけれど、いずれは絶対に結婚したい!」と婚活に励んでいる女性も存在します。
 
結婚や婚活そのものをどうこう、ということはありませんが、その理由づけがいただけないことがあります。
これはどういうことか、今回は「好きな人はいないけれど結婚したい理由」について、いくつかご紹介します。
 

幸せな家庭を築きたいから

 

子どもの頃から漠然と「子どもを産んで幸せな家庭を築きたい」と考えている人は多いもの。その夢をかなえるべく、女性陣も懸命に婚活や彼氏探しをしているようです。
 
待っているだけじゃ結婚はできませんから、これは正しい心掛けかもしれません。
ただ、あまりにも漠然とした理想だけが高くなってしまうと、「あれもこれも」と条件が定まりませんから婚活も難航します。夢を追うだけではなく、現実的に男性と暮らす将来を見据えることも大切でしょう。

乗り遅れたくないから

 

20代前半くらいまでは「良い人がいたら結婚したいな」くらいだったのに、友達や後輩が着々とゴールインする光景を見て、焦りが湧いてくることも。「このままずっと独身なのはイヤ!」と、結婚願望が生まれるようです。
 
また今でも「アラサー女子が結婚に焦る」、もしくは「アラフォーになっても独り身女性」が主人公のドラマや漫画って多いですよね。
そういった作品を見ていると、「私はこんな風になりたくない!」「周りから結婚できなくて可哀想って思われるのだけは勘弁」と、婚活スイッチが入るみたい。
 
もちろん目標に向かって頑張るのは良いですが、他者と比べすぎても疲れるだけ。まずは自分の良いところはどこなのか、その強みを見つけてあげましょう。
 

現状から逃げ出したいから

 

仕事や趣味など、現状に満足していれば、結婚願望もそこまで沸かないかもしれません。ただ「仕事がツラい」「誰かに幸せにしてほしい」など漠然とした悩みや不安があると、結婚に逃げたくなることも。
 
結婚は人生の大きなターニングポイント。たとえ現状から逃げるための結婚だったとしても、その先に幸せが待っていることもあります。
「仕事よりも家庭に入る方が自分に合っていた」「子どもができたことではじめて生きがいができた」なんて人もいるでしょう。
 
しかし結婚生活は、はじめての連続。
「こんなはずじゃなかったのに」と結婚してからのほうが、さらに新たな悩みが出てくることも。現状から逃げたいがために焦って結婚をして、後悔するケースもあるのです。
 
もしこのように“逃げ”から結婚を望んでいるのであれば、「自分はなぜ結婚したいのか」を冷静に考えるべき。
その上で結婚以外に自分を助けてあげられる方法はないのか探してみましょう。感情が落ち着いてからのほうが、婚活もうまくいくと思いますよ。

さいごに

 

好きな人がいないのに、結婚願望ばかりが湧いてしまうときは、一度立ち止まって深呼吸をしてみるべきでしょう。
焦って結婚相手を決めてしまうと、もしかしたら変な男性に捕まってしまうこともあるかもしれません。
 
結婚は相手あってのことなのですから、人によってうまくいくタイミングが違って当然です。
だからこそ周囲の女友達と比べず、自分のペースで婚活に励みましょうね。
 
(和/ライター)
 
■結婚後、本当の夫婦になるのは子供ができてから? 「夫婦力」が試される瞬間とは?
■がっかりだよ……結婚後、旦那への愛想が尽きた出来事エピソード
■実家暮らしの女性は、一人暮らしの女性よりも結婚が難しい?――3つの理由

結婚】の最新記事
  • 6月の結婚式「ジューンブライド」のメリット&デメリット
  • 失敗したくない貴女へ…結婚相手に向いている男性の見極め方!
  • マッチングアプリで結婚しました!数百人の男性に会った女
  • まるで女友達!共感してくれる男子と結婚するとどうなる?
  • 年の差婚で得られるメリット4選【年下男性との結婚編】
  • 年の差婚で得られるメリット4選【年上男性との結婚編】
  • いきなりかよ。すぐに「結婚の話」をすると男性に煙たがられる理由
  • 親から子へ。マリハラこと結婚ハラスメントの悩み【後編】