「結婚したいのに彼氏がプロポーズしてくれない」と女性が悩んでいるときに、彼氏側も「プロポーズしたいけれどできない」と悩んでいる場合があります。
 
今回は、彼女と結婚したいと思いながらもプロポーズしない男子のホンネをご紹介していきます。
 

プロポーズしたいのにできない男子のホンネ①断られるのが怖い

 

多くの男性にとって、プロポーズは一生に一度のことです。緊張したり不安になったりすることももちろんあります。
 
彼女とあまり将来の話をしていない場合は、「プロポーズして断られたらどうしよう」と男性側が不安になることはよくあることなのです。

プロポーズしたいのにできない男子のホンネ②経済的に不安

 

結婚および結婚生活にはお金がかかります。
 
「結婚式は平均で500万円かかる」「婚約指輪は給料の三か月分」「新婚旅行は海外旅行」などの情報を耳にし続けることで、「まだお金が貯まっていない」としり込みしてしまう場合もあります。
 
また、男性の中には、結婚=妻と子供を養えるだけの収入が必要、と考えている人もいます。そのため、いつか結婚はしたいけれど、稼げるようになるまではできない、と考えている男性も多いのです。
 

プロポーズしたいのにできない男子のホンネ③家に問題がある

 

いずれは田舎に帰らないといけない事情がある、など、結婚することで彼女に負担を強いる可能性がある場合、プロポーズをためらいがちです。
 
「自分は結婚したいけれど、自分と結婚することで彼女は幸せになれないのでは」と思うと、なかなかプロポーズには踏み切れません。
 

プロポーズしたいのにできない男子のホンネ④隠していることがある

 

「奨学金を払い続けている」「借金がある」「実家が新興宗教を信仰している」「親族に前科がある人がいる」など、隠していることがあり、結婚する前に話しておかなければならいことがある場合、プロポーズに対するハードルが上がります。

プロポーズしたいのにできない男子のホンネ⑤気持ちがゆれる出来事があった

 

結婚はしたい、と考えていても、彼女が浮気をしている疑惑が持ち上がったり、他の女性にモテたりすることで、「本当にこの女性でいいのだろうか」と気持ちがゆらいでしまうことがあります。
 

さいごに

 

今回は、プロポーズしたいのにできない男子の気持ちについて解説してきました。
 
結婚は、男性にとっても女性にとっても人生の転機です。簡単に決断することはできません。とくに男性はプロポーズする側であることが多いので、「断られたらどうしよう」「本当にこのまま結婚してしまっていいのだろうか」と不安を覚えがちです。
 
彼氏にプロポーズをしてほしいと思うなら、自分が結婚に前向きであることを伝えて彼氏の不安を軽減してあげましょう。
 
また、今すぐに彼氏と結婚したいと思うなら、プロポーズを待つのではなく、自分からプロポーズするというのも一案です。
 
(今来 今/ライター)
 
■プロポーズは待ってはいけない
■僕らが“彼女と結婚できない”理由――男性が恋人に隠していること7つ
■女性からのプロポーズを成功させる方法とは?

結婚】の最新記事
  • 結婚がゴールだった女が結婚後に直面する問題ランキング
  • 6月の結婚式「ジューンブライド」のメリット&デメリット
  • 失敗したくない貴女へ…結婚相手に向いている男性の見極め方!
  • マッチングアプリで結婚しました!数百人の男性に会った女
  • まるで女友達!共感してくれる男子と結婚するとどうなる?
  • 年の差婚で得られるメリット4選【年下男性との結婚編】
  • 年の差婚で得られるメリット4選【年上男性との結婚編】
  • いきなりかよ。すぐに「結婚の話」をすると男性に煙たがられる理由