同類婚・上昇婚・下方婚、といった言葉をご存知ですか? 今回はそれぞれの言葉の意味を簡単に紹介していきます。
 

上昇婚とは?

 
上昇婚とは、女性が家柄や学歴、収入などの面で、自分より上の男性と結婚することです。
 
日本ではこれまで、「男性には自分より身長や経済力・学力など自分より上であってほしい」と考える女性がたくさんいました。また、男性側は、女性に自分より下であることと望んでいた時代もありました。そのため、「女性の学歴や収入、身長などが高すぎると結婚が難しい」と考えられていたのです。
 
現在でも、上昇婚を望む女性は少なくありません。なぜなら、日本はgender gap (ジェンダーギャプ・性別による差異)が経済力という面でまだまだ大きい国だからです。男性に比べて、女性が経済力をつけることの難易度が高いため、「自分で稼ぐのは現実的ではない。経済的に豊かになるには経済力のある男性と結婚するのが手っ取り早い」と考える女性は、上昇婚を目指しがちなのです。
 

下方婚とは?

 
一方、近年では、下方婚をする女性もでてきています。
 
下方婚とは、自分よりも学歴や経済力などが下の男性と結婚することです。経済的に成功している女性は、男性に経済力を求める必要がないため、「自分より若くて精神的に支えてくれる男性」を結婚相手として選ぶことがよくあります。
 
男性に経済力がない場合、家事を担ってくれることも多いので、経済力のある仕事が忙しい女性にとっては好都合です。経済力のある女性が若い男性を好むのは、容姿の好みの問題だけではなく、家庭内のことをしてくれるから、という側面は否定できません。
 
年配の男性の多くは、古い性別役割に囚われている人が多く、女性より稼げないことや家事を男性が請け負うことを恥ずかしいと感じる傾向にあります。一方、現代の若い男性の中には、そういった性別役割に囚われず、「できる人ができることをしたらいい」「男性が必ずしも大黒柱になる必要はない」と考えている人も多いのです。
 

同類婚とは?

 
専業主婦家庭が減少し、共働き家庭が増えている現代では、同類婚(同じような学歴・経済力の男女の結婚)が増えつつあります。
 
同じような教育水準・家庭環境の男女は話が合いやすく、出会いやすく、恋愛・結婚につながりやすいので、同類婚はある意味自然なことだとも言えます。また、共働き家庭が増加しており、女性にも経済力があった方がいいと考える男性も増えている、といった傾向も同類婚の増加を促していると考えられます。
 
高度な教育を受けた経済力がある男性が、同じく高度な教育を受けた経済力のある女性と結婚する、ということは、金持ちが金持ちと結婚し、より豊かになることを意味します。
 
つまり、同類婚の増加は、金持ち同士・貧乏人同士が結婚することで、日本の中での格差を広げる原因にもなると考えられるのです。格差は望ましいことではありません。ですが、同類婚は今後も増加していくでしょう。
 

さいごに

 
今回は、上昇婚・下方婚・同類婚とは何か、なぜそういった結婚の形を人は望むのか、について解説してきました。
 
あなた自身はどういった結婚の形を望みますか?
 
(今来 今/ライター)
 
■モテも高収入も手に入れる! 仕事ができる女性に近づく5つのヒント
■私の「理想の結婚」は、叶えられる?
■外国人の彼氏と国際結婚!の前に、メリットとデメリットを知ろう
 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 彼との結婚生活はうまくいく?幸せになるために気を付けるポイント
  • 結婚占い|誕生日でわかる!今から3ヵ月間の「婚活運」
  • タロットでわかる!彼氏の本音「結婚したいと思っている?」
  • タロット占い|結婚後も彼とうまくやっていける?
  • 誕生日でわかる!あなたが少しでも早く結婚をつかむ方法
  • あなたが結婚できる可能性は●%!未来をズバリ占います
  • 結婚前の準備!あなたが幸せになるために、独身時代にやっておくべきこと
  • タロットでわかる!彼氏は私と結婚する気がある?