漫画などで、でき婚を狙って、計画的に妊娠する女性ってでてきますよね。都市伝説かと思っていたのですが、今回、実際にでき婚を狙ったことがある女子に話を聞くことができました。
 
なぜ、彼女たちは、「妊娠→結婚」という道のりを選んだのでしょうか?
 

でき婚を狙う女子の本音ケース1 妊娠さえすれば、彼の気持ちは変わると思った

 
「妊娠さえすれば、彼の気持ちは変わるだろうって思ったんです」と語るのは、都内の喫茶店で働く朱音(仮名・26歳)。
 
学生時代から結婚願望が強かった朱音ですが、2年間付き合っている喫茶店の店長・譲治(仮名・34歳)は、「俺は結婚するつもりはない。結婚したいなら他のやつと付き合ったほうがいい」と言っていたといいます。
 
「結婚の話を出したら、いつも別れ話になっちゃってた」という朱音は、「ピルを飲んでいるから大丈夫」と計画的に妊娠し、結婚しようと考えたといいます。
 
生理が遅れたことで、妊娠の可能性を譲治に告げましたが、彼の答えは、「産んで欲しくない。俺は育てられない」という不本意なものだったといいます。
 
「結局、生理は遅れていただけで、妊娠はしていませんでした。あのとき妊娠してなくてほんと良かったと思っています」。
 
譲治と別れることを決め、喫茶店も退職した今、「今から考えたらなんであんなに結婚したかったのかなぞ。しばらく恋愛はいい」と考えているといいます。
 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤
  • 結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
  • 2人の異性でどっちと付き合うか迷った時、どうすればいい?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 3ヵ月後、彼との結婚は現実に近づく?
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?
  • 私の「理想の結婚」は、叶えられる?