結婚。それは好きな人と一生一緒にいられる制度であるとともに、「人生の墓場」と揶揄されるように、結婚した瞬間にほかのすべての可能性が閉じるような、閉塞感もともなう制度であると、これまでは考えられてきました。
 
結婚したら、配偶者以外の人とは恋愛感情ももたないし、セックスもしない、それが正しい結婚の在り方であるとされてきたのです。
 
けれど、それが本当に正しい結婚の形なのでしょうか? 結婚したら、その後、一生他の人と恋愛しないなんてありえるのでしょうか?
 

他の人とセックスしてもいいオープン・マリッジ

 

「オープン・マリッジ」とは、配偶者以外との性的な関係に対して、お互い合意している結婚のかたちのことです。
 
「結婚=性的な使用権を配偶者に渡す制度」に反対し、アメリカの社会学者であるオニール夫妻が、性的に独立した個人を認め合う結婚のスタイルとして提唱したことで、世間に広く認知されるよになりました。オープン・マリッジの意義について記した書籍『オープン・マリッジ』(1973年)が発売されると、150万部というベストセラーになり、新しい結婚のかたちは一大ムーブメントを巻き起こしました。
 
70年代に流行ったこのオープン・マリッジという概念は、単なる過去の流行というわけではありません。
 
現在でもオープン・マリッジを公言している人たちは存在しており、不倫が珍しくもなくなっている現代だからこそ、新しい可能性を秘めた結婚の形だと再び注目を集めています。
 
オープン・マリッジを実行している夫婦において、不倫という概念はありえません。結婚生活の外にも愛する人がいると言うだけの話であって、なんら責められることではないのです。

オープン・マリッジは高度な結婚のかたち

 

ただし、オープン・マリッジの実践には高いハードルがあることも確かです。オープン・マリッジはお互い信頼し合っていなければ実践できません。
 
お互いを信頼しきっており、「独占したい」という気持ちが起こらないほどのステージにいなければ、配偶者が自分以外の誰かとデートをしたりセックスしたりなんてことは許せないでしょう。
 
作家の中村うさぎさんは、ゲイの男性と結婚し、「恋人は家庭の外で作る」と決めていたといいます。これは夫婦間に性的な関係がない極端な例ですが、「夫婦として信頼し合っており、性的所有権を主張しない」という意味では、オープン・マリッジのひとつの形だと言えるかもしれません。
 
「お互いを恋愛対象としない結婚のかたち」も「性的関係はあり、夫婦間以外の性的関係も認める結婚のかたち」も、どちらも強固な信頼関係無くしては続けていくことは難しいでしょう。
 
オープン・マリッジは、まだまだ「性的に奔放な人が不倫したいためにとる結婚のかたち」といった偏見にさらされることも多いため、公言している人はあまり多くはありません。
 
また、オープン・マリッジにチャレンジしたために夫婦関係が壊れてしまった、という話も聞きます。
 
オープン・マリッジは、お互いの性的自立を認め合う素晴らしい制度のようにも見えますが、オープンな関係を維持するためには、常に対話を絶やさず、お互いを信頼し尊敬しあうという努力が不可欠ですから、かなり高度な結婚生活の形であると言えるでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■浮気とはちょっと違う「オープンリレーションシップ」のメリットとは
■浮気は「許す・許さない」じゃわり切れない! 実例で学ぶ愛の作法
■不倫を楽しむ人と、不倫で人生を棒に振る人
 

結婚】の最新記事
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由
  • もう恋のフェーズは終わった! 結婚してもいいのはどんな人?
  • アラサー男性が「はやく結婚したい!」と思った瞬間ランキング
  • このままだと結婚できる気がしない…不安から抜け出して幸せになるには?
  • 独身女性たちの「結婚できない理由ランキング」!
  • 意外とメリットだらけ? 職場結婚がおすすめの理由
  • 最悪な結婚式を迎えた花嫁の末路:後編「結婚式で起こった最悪なできごと」