嫁姑は古今東西、いがみ合うものと相場が決まっています。どれだけ仲良しの嫁姑でも、ふとしたきっかけで関係が崩壊してしまうことは珍しくありません。
 
涼子さん(仮名)も姑に対すストレスを感じている女性でした。姑の存在に悩まされ続けた涼子さんでしたが、あることがきっかけでリベンジを果たすことができたと言います。今日はそんな涼子さんのエピソードをご紹介していきます。
 
前編では、結婚前は「干渉しないから」と言っていた姑が、涼子さんの家事の効率化や服装にまで小言を言う様を言うようになった状況をご紹介しました。
 
後半では、涼子さんが反撃に転じたエピソードをご紹介していきます。
 
【前編はこちら】結婚後に豹変!? 意地悪姑をぎゃふんと言わせたエピソード
 

子どもができない体なんじゃない? 姑からの痛烈なひとこと

 

あれは結婚してから1年ほど経ったある日のことでした。姑は相変わらず三日と開けずに新居に遊びに来ていました。「お互い専業主婦だから暇でしょ」なんて姑は言っていましたが、内心では、暇じゃないよ!と思っていました。
 
でも、腐っても夫の母親ですから、無下にはできませんでした。夫に遠回しにお義母さんにもう少し家に来る回数を減らしてほしい、と訴えましたが、夫はあまり問題だと感じていないようでした。
 
そんな状況を打破したいと思ったのは、姑の心無い一言です。
 
彼女は、「もう1年経っても妊娠しないなんてね。昔は3年、子無しは去れ、って言葉があったけどね。もうそんな時代じゃないけど。でも、涼子さん、子どもができない体ってことはない?」
 
あまりに無神経な言葉に、一瞬頭が真っ白になりました。義母の言葉はあまりにも不躾でした。家族だからといって気軽に聞いていい話題ではありません。それに、不妊の原因は男女、半々にあるという事実があるのに、私ばかりに原因があるかのような言い草もありえないと思いました。

ICレコーダーをセット。姑の悪事を暴く

 

私はその夜、夫の泣きながら今日あったこと、言われたことを伝えました。夫は驚きながらも、「お母さんがそんなことを言うなんて信じられない」と言ったのです。
 
私より姑の言うことを信じるんだ、と二度絶望しました。同時に、証拠をつかんで突きつけてやる、という気持ちにもなりました。
 
それから、義母が来るたびに、ICレコーダーを仕込んで、録音を開始しました。それから一ヶ月で、義母から言われた心ない言葉を3時間に編集して、夫に聞かせました。
夫は絶句して、「これまで僕が悪かった。ごめん本当に」と謝ってくれました。
 
夫はその録音データを舅にも聞かせました。舅は激怒し、「姑と離婚する」とまで言ってくれたそうです。

姑と仲良くなれる日は一生訪れない

 

それから、姑は反省し、私に謝ってくれました。それから姑が私の家に遊びに来ることはなくなりました。
 
もう、姑と仲良くなることはないと思います。でもそれでいいんだと思います。謝ってはもらいましたが、これまで受けた数々の嫌がらせを私は忘れることはできません。忘れる必要もないと思っています。
 
一生許さないと思っていますし、当然、姑の介護をするつもりはありません。冷たいですか? 嫁姑ってそれくらいの距離感がちょうどいいと思うんです。お互いの精神衛生のためにも。
 
(今来 今/ライター)
 
【前編はこちら】結婚後に豹変!? 意地悪姑をぎゃふんと言わせたエピソード
■ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
■嫁と共倒れ!? 本当にあった鬼姑の強烈エピソード
 

結婚】の最新記事
  • 職業別! 結婚願望のある男性の落とし方
  • 男性に聞いた! 今の彼女との「結婚に踏み切れない」理由
  • 30代で復縁から結婚に至るカップルが多い理由
  • アラサー女子が体験した、カップルたちの同棲解消の理由とは?
  • 婿を投げ飛ばす! 結婚式の珍しいご当地ルール10選
  • 「私たち」を多用は危険! 男性が嫌がる「2人使用」って?
  • 付き合っていたときとは違う……結婚直後に感じる7つのギャップ
  • 早くプロポーズしてほしい! 男性が求婚したいと思う瞬間