結婚相手に求める条件はなんでしょうか? 日本は長らく不況ですから、「結婚相手の年収は最低でも700万以上」といった発言を聞くことはほとんどなくなりました。お金を稼げる人も減ってきていることに加えて、結婚生活を送るうえでお金以上に大切なものがある、と多くの人は気がついています。
 
今回は、平和な結婚生活を送るために、最低限求めた方がいい理想を3つご紹介していきます。この3つは、本当に最低限のことですが、実際、この最低限を満たせていない人とうっかり結婚して痛い目を見る人もいます。結婚前の皆様におかれましては、以下の条件をチェックし、この条件に当てはまる人は注意深く避けていただければと思います。
 

結婚相手に最低限求めた方がいい理想1 モラハラ・DVではない

 

DVは結婚後に発覚するとよく言われています。結婚前は優しい人だったのに、結婚後に豹変した、というケースは実際多く、結婚前に見破るのは難しかったりします。しかし、一つ言えることは、DVの一形態であるモラハラは、付き合っている段階でも片鱗が見えることがよくあります。
 
彼はあなたのことを、バカにしたり、見下したり、子ども扱いしたりする発言をしませんか? イジリと見せかけたディスりをしてきませんか? もししてくるようなら、彼にはモラハラの素質があります。

結婚相手に最低限求めた方がいい理想2 借金地獄ではない

 

結婚は、愛情の結びつきであると同時に、経済的結びつきでもあります。膨大な借金を背負っている人と結婚してしまったら、相手の借金も自分が返済していくことになります。ですから、結婚前に借金がないかどうかはしっかり確認する必要があります。
 
学生ローンや家のローン、車のローンを月々いくら払っているのかを確認しましょう。
また、彼の金遣いの荒さについてもチェックしましょう。年収一千万超えていても借金まみれの人はザラにいます。ある程度稼げているからこそ、気が大きくなっていろんな人に奢ってしまったり、生活レベルを下げられなかったりして、いつのまにか借金地獄に陥ってしまう人もいるのです。
 
金遣いの荒さは事前にチェックし、あまりにもひどい場合は結婚はしない方がいいでしょう。
 

結婚相手に最低限求めた方がいい理想3 依存症ではない

 

結婚相手は依存症ではない相手が望ましいと言えます。とくにアルコール依存症は珍しくないので注意が必要です。アルコール依存症は一生涯付き合っていかなければならない病気です。お酒を飲んで人格が変わってしまうような人とでは、平和な生活は送れません。依存症の治療を一緒にしていく、くらいの気構えがない場合、依存症の人と結婚してはいけません。

結婚相手に最低限求めたほうがいい理想。自分は満たせている?

 

あなたが結婚相手を選ぶ権利があるのと同様に、相手にも選ぶ権利があります。自分が選んだ人に選ばれるためにも、以上に挙げた3つの条件は、自分でもクリアできるようにしておきましょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■顔or性格? みんな、結婚相手に選ぶ人はどちらを重視している?
■結婚相手はどんな人を選べばいい? 最高な夫になる男性の見極め方
■「普通の人と結婚したい」なら、男性に対する条件リストを作ろう!
 

結婚】の最新記事
  • 「結婚しない男」と「結婚できない男」の見分け方とは?
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】
  • みんなどうして結婚するの? あなたが結婚したいと思う理由について
  • 家事、金銭感覚、食事――価値観にギャップのある彼との結婚ってどう?
  • 実家暮らしの女性は、一人暮らしの女性よりも結婚が難しい?――3つの理由
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?