こんにちは、沙木貴咲です。「みんなアラサーを迎えれば“適齢期”として、結婚を考えるものだ」と思っていませんか?
 
三十路を前にしても結婚願望が高まらなかったり、趣味や女友だちと遊ぶことが楽しかったりする人もいるはず。
 
「結婚って必要なの?」と思う方に、結婚して離婚した筆者が、メリットとデメリットをお伝えします!
 

結婚のメリット1:一緒に生きてくれる人がいる安心感

 

これは、実際に家庭生活を送らなければわからないことですが……「自分と一緒に生きてくれる人がいる」という安心感が、結婚の一番のメリットです。
心身が不調な時も、うれしいことがあった時も、パートナーとすべて共有できるとは、つまり孤独じゃないということ。
 
そして、どんなにつらくてもパートナーが絶対的な味方になってくれるのも、心強く感じるでしょう。「アナタがいるから頑張れる」「家族のために努力する」と、困難から逃げずに立ち向かっていけるはずです。
 
一人がラクという人もいるでしょうが、孤独は人間を弱くさせ、不幸せを実感させやすくなります。
 
また、30代も半ばを越えると同世代の友人の多くが既婚者になるのもあり、年末年始やクリスマス、夏休みなどの楽しみ方が変わるもの。そんな時に家族がいれば、季節のイベントも充実してくるでしょう。

結婚のメリット2:子どもを産み育てる喜び

 

子どもを産むかどうかは個人の自由ですが、これも「産んでみなければわからない」といえます。自分から望んで子どもを産んだはいいけれど、その大変さから産後うつに陥る女性もいますから……。
 
それでも、子どもを産んで育てるという経験は、人生を豊かにする貴重なことといえます。
多くの学びがあり、さらなる人間性を育てるきっかけにもなるでしょう。
 
筆者にも子どもが2人いますが、それなりの年齢に達して、人間性はほぼ完成したものだと思っていましたが、子育てをする中で自分がいかに未熟かを日々痛感しています。親は子どもに育てられるとよくいいますが、まさにその通り。
 
子どもを愛することや、共に成長していく喜びが、結婚生活にはあるんです。
 

結婚のデメリット:自由な時間やお金がない

 

これは、男女共にそうでしょう。結婚すれば家庭という単位で日常生活を送ることになり、パートナーに気を遣うことは必須。
好き勝手にお金を遣ったり、夜中まで遊び回ったりは、なかなかできなくなります。
 
また、女性が子どもを産んだ場合、子どもがそれなりに自立する6~7歳までは、ほとんど自由がないと言っても過言ではないでしょう。
 
オシャレが満足にできず、夕方以降の外出は難しく、できる仕事の内容も限られる……そんな状況を「窮屈」と思う人は少なくありません。
 
自分の人生を自分のために送りたいと考える人は、結婚がやはり足かせになると感じるでしょうか。

さいごに

 

結婚するかしないかは、個人の自由。女性が生涯を独身で過ごしたとしても、今どきは後ろ指さされることもありません。
 
家族が欲しいのか、子どもを産みたいのか、やりたい仕事を追い求めるのか、男性と肩を並べて社会的に活躍するのか……?
 
長い目で自分の人生プランを考え、その中で結婚が必要と感じたらするのが良いのでしょう。また、不必要だとわかったら、両親や周りに何を言われても、自身の考えを貫くのが幸せだと思いますよ。
 
(沙木貴咲/ライター)
 
■シンプルに問う「結婚のメリット・デメリット」とは?
■【後の祭り】結婚を後悔する人の特徴【反面教師】
■結婚をしたら必ず子供を持つべきかを考える

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

結婚】の最新記事
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?
  • 男性は「プロポーズの準備」に余念がない。
  • 婚約しなければよかった……豹変して正体を現した地雷男!
  • 史上最悪な結婚式!当日に花嫁が来ない…これが現実で起こるなんて!【後編】
  • 一見して高収入男性と結婚するより、経済力のある女性になる方が低リスク
  • お祝いムードが一気に冷める「ウェディング・ハイ」――新婦の信じられない言動 4選
  • 「結婚できない女」なんて存在しない! 一度は結婚をすべき理由
  • 嫁姑問題は結婚前に解決! 彼ママに好かれるための重要ポイントとは?