「まさか私が結婚詐欺に引っかかるわけない」と思っていませんか?

ほとんどの被害者は「私がだまされるワケない」という慢心していたために、だまされてしまったのです。今回は、結婚詐欺師にだまされないために、結婚詐欺師の手口をご紹介してきます。

結婚詐欺の手口1 婚活市場に参入する


結婚詐欺師がターゲットにするのは、結婚願望が強く、収入や資産がある女性です。

結婚詐欺師は、まず結婚願望が強い女性に近づくために、婚活市場に参入します。とはいっても、結婚相談所などに登録してしまっては、身元がバレてしまいますから、身元確認がしっかりとは行われない市場を狙います。

ありがちなのは、婚活パーティーです。結婚相談所が主催している婚活パーティーなどではない限り、身元確認はしっかりとは行われず、婚姻歴や年齢・名前・職業などを偽って参加することが可能です。結婚詐欺師は身分や名前を偽って婚活市場に参入し獲物を探します。


結婚詐欺の手口2 結婚前提の交際を申し込む


お金をだまし取れそうなターゲットを見つけた結婚詐欺師は、結婚前提の交際を申し込み、短期間で関係を深めていきます。

付き合い始めた当初は、女性を信用させるためにプレゼントを贈ったり、おごったり、お金を出すことをいとわないケースも多いようです。また、詐欺グループの一員を、自分の家族や会社の同僚などと偽って紹介し、彼女を信頼させるように仕向けるなど、お金をだましとるために入念に計画を進めていきます。

結婚詐欺の手口3 お金を無心する


彼女が結婚詐欺師のことを完全に信じ切ったところで、お金の無心を始めます。

お金を無心する手口は多岐に渡りますが、「経営している会社が傾きかけている」「両親が事故にあった」「結婚式の費用を半分振り込んで欲しい」などの理由が多いようです。

結婚詐欺の手口4 姿を消す


首尾よくお金をだまし取ったら、彼女の前から完全に姿を消します。結婚詐欺にあった、というのはなかなか認めにくいものです。詐欺にあっても被害を認識できないケースや、恥ずかしく感じて被害届を出さないケースも多々あります。

それゆえ、結婚詐欺師は、ターゲットを変えて何度でも同じ犯罪を繰り返すのです。


結婚詐欺の被害者になってしまったら


結婚詐欺の被害にあったと気づいたら、速やかに警察に被害届を出しましょう。被害届を出しておけば、犯人が捕まったときに、だまし取られたお金を返してもらえる可能性が出てきます。

また、被害を訴えることは、自分の損失を取り戻す行為であるとともに、同じような被害者が出ることを防止できる、という社会的意義のある行動でもあります。

さいごに。会ったばかりの人にお金は貸してはいけない


今回は、結婚詐欺師の手口についてご紹介してきました。

知り合ったばかりの人に、普通大金は渡しませんよね。婚約者だからといって例外にはなりません。結婚詐欺に合わないために、早急に親しくなった相手には、婚約者という立場であっても決してお金のやりとりをしてはならない、と肝に命じておきましょう

(今来 今/ライター)

■【婚活中の方は要注意】婚活アプリの婚活以外の活用方法
■結婚占い│二人がこれから結婚するために乗り越えていく障害
■デートレイプドラッグとは? 女の子が知っておくべきこと

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」という男性の真意
  • こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」
  • 6月の第一日曜日はプロポーズの日!女性が思う理想のプロポーズとは?
  • 私は結婚できるのかな……。既婚女性と比べて落ち込む瞬間
  • デヴィ夫人に学ぶ「選ばれる女になること」の本質
  • 事実婚も楽しいかも!? 同棲したまま結婚しないメリットを考えてみた!
  • こんなはずじゃなかった!結婚後に、男性の態度が変わってしまう理由とは?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤