結婚を後悔する人の特徴②結婚イコール幸せだと思っている


結婚に過度な期待を抱いていた人も後悔しがちです。

パリシンドロームと同じ原理です。パリシンドロームとは、「パリはとてもすてきな街」とパリを理想化しすぎてしまったために、実際にパリに留学した後、セーヌ川の汚さや、不親切な住人などを目の当たりにしてうつっぽくなってしまう状態のことです。

結婚イコールすてきなもの、という幻想が強すぎる人は、実態のギャップに失望し、後悔します。

結婚を後悔する人の特徴③相手に期待しすぎている


プロポーズの「幸せにする」という言葉を真に受けて、自分から行動するのではなく他人に幸せにしてもらおうという受け身の姿勢でいる人は結婚を後悔しがちです。

なぜなら、恋人時代であれば自分を満足させてくれたであろう彼氏でも、毎日毎日妻にサービスすることは難しいからです。

誰かに幸せにしてもらいたいと考えている人は結婚を後悔しがちです。後悔しないためには、受け身でいるばかりではなく、自分から行動し現状を変えていく必要があります。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • タロットでわかる!彼氏は私と結婚する気がある?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤
  • 結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
  • 2人の異性でどっちと付き合うか迷った時、どうすればいい?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 3ヵ月後、彼との結婚は現実に近づく?
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?