結婚を後悔する人の特徴②結婚イコール幸せだと思っている


結婚に過度な期待を抱いていた人も後悔しがちです。

パリシンドロームと同じ原理です。パリシンドロームとは、「パリはとてもすてきな街」とパリを理想化しすぎてしまったために、実際にパリに留学した後、セーヌ川の汚さや、不親切な住人などを目の当たりにしてうつっぽくなってしまう状態のことです。

結婚イコールすてきなもの、という幻想が強すぎる人は、実態のギャップに失望し、後悔します。

結婚を後悔する人の特徴③相手に期待しすぎている


プロポーズの「幸せにする」という言葉を真に受けて、自分から行動するのではなく他人に幸せにしてもらおうという受け身の姿勢でいる人は結婚を後悔しがちです。

なぜなら、恋人時代であれば自分を満足させてくれたであろう彼氏でも、毎日毎日妻にサービスすることは難しいからです。

誰かに幸せにしてもらいたいと考えている人は結婚を後悔しがちです。後悔しないためには、受け身でいるばかりではなく、自分から行動し現状を変えていく必要があります。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 交際1年でゴールイン!スピード婚するカップルがしていたこと
  • 「まだ早いかも」男性が結婚を迷う6つの理由とは?
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
  • これから3年で、あなたに結婚のチャンスは何回訪れる?
  • 結婚占い|プロポーズを受けるとき…その前兆は?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?
  • 今から3ヵ月後、彼氏が起こす結婚に向けた行動とは?