こんにちは、婚活FP山本です。

 

近頃の夫婦は3組に1組も離婚しています。この現実を考えると、段々と結婚そのものを否定したくなりますよね。

 

そこで今回は、私が日々の婚活支援を通して見てきた現実をお伝えします。

 

あなたの結婚観、そして人生にお役立てくださいませ。

 

大地震の直後はどうなった? それが真実

 

まずは結論からお伝えします。

 

そもそも結婚とは幸せになれる行為か、あるいはそうでないかは人それぞれです。ただ一つだけ言えることは、例えば『東日本大震災』の時、そしてその直後、日本はどうなったかご存知でしょうか?

 

空前の婚活ブームになりました。

 

平時は一人でも何一つ問題ないでしょう。でも、あなたがピンチの時、誰が助けてくれるでしょうか。

 

もちろん、人が傍にいるからこその弊害もありますけどね。それでも、いつ何が起きるかわからないような状況で一人取り残されるのと比べれば、全然マシ……というよりも、やっぱりパートナーと呼べる人がそばにいてほしいと思うものです。

 

互いにピンチの時には助け合い、辛い時には支え合い、そしてそのために日頃から心を交わし合ってこそ夫婦です。

 

人間関係の希薄化が叫ばれている現代だからこそ、自分がピンチの時に、世界を敵に回しても味方になってくれるのは結婚相手なのです。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 子供はもう一人欲しいけど、生活が…どうしたらいい?
  • 今の彼は結婚相手にふさわしいでしょうか?
  • あなたが結婚するために必要なことと、あなたを意識する人とは?
  • 子供がいない私たち…それでも幸せになれますか?
  • 「結婚のチャンス」はいつあなたに訪れる?
  • 永遠の誓いを交わすような時は私にもきますか?
  • あなたの結婚のチャンスはここに潜んでいる!今最も可能性を秘めている良縁とは?
  • 二人の恋は結婚につながっている?