「仮氏」を作ると、結婚が近づく! と聞いたことはありませんか?
 
仮氏を作ると、確かに結婚が近づく人もいますが、場合によってはいつまでも結婚できない、という弊害がでることもあります。
 
今回は、「仮氏とはなにか」「仮氏を作ると結婚が近づくのか」についてお話しします。
 

彼氏未満「仮氏」を作ると心の余裕ができる→理想の結婚に近づく?

 

仮氏とは、「彼氏がいない」という状態から抜け出すための、仮の彼氏もどきのことです。
 
『スパルタ婚活塾』の著者、水野愛也さんが提唱した定義で、水野さんいわく「彼氏がいるという心の余裕からいい男にモテるようになり、結果的に理想の相手と結婚できる」とのこと。つまり仮氏は、本命の彼氏をゲットするための踏台のような存在です。
 
ベストセラーになった『スパルタ婚活塾』に感銘を受けて、実際に「仮氏を作る!」と宣言した女子が、私の周りにも二人いました。 
一人は、「やっぱりそこまで好きじゃない人と付き合うのって、めんどくさすぎて無理」と早々にリタイア。
 
もう一人は、「仮氏作る宣言」からわずか一ヵ月で、実際に仮氏を作ったのです。
 
ケイミ(仮名・35才・貿易事務・大阪在住)が作った仮氏は婚活サイトで知り合った3才上の専門商社勤務の男性。「そこまでタイプじゃないかも」と思っていたそうなのですが、お相手がケイミに熱烈にアプローチしてきたこと、仮氏を作ってみよう、と思っていたことなどから、お付き合いにOKをしたのです。

仮氏がいるという安心感は諸刃の剣

 

今月で、ケイミが仮氏と付き合い始めてから3年が経とうとしています。
 
「今の仮氏とは、結婚に踏み切るほどの情熱はない。でも一緒にいて楽だし、気が付いたら3年もたっちゃった。一応デートする相手はいるから、他の相手を探すのもおっくうになっちゃって新しい出会いはない」という彼女。
 
そもそも、「最高の相手と出会う踏台」のために仮氏を作ったというのに、今では彼氏的存在がいるという安心感から、「理想の相手との結婚」という当初の目的を忘れつつあるようです。
 
今の相手との結婚は無いのか?と聞くと、
「あんまりないけど、もしかしてしちゃうかも。なんたって、楽だから」とのこと。
 
ケイミを見ていると、「仮氏がいるから」という安心感から、結婚や出会いへの焦りが消えて、結婚が遠のいているように見えます。 
でも、「別に理想通りの相手じゃなかった」といいつつも、「彼と一緒にいるときが一番楽」ともいうケイミ。
 
それってすでに、仮氏ではなく、立派な彼氏なのかもしれません。

結論:仮氏の是非

 

・仮氏のつもりでも、いつのまにか彼氏になっていることがある
・仮氏は結婚が早まる原因にも、遅くなる原因にもなる
 
いずれにせよ、仮氏がいることで、安心感・余裕が生まれるのは確かなようですね。
 
「最近、結婚に焦りすぎている」「理想の人からは振り向いてもらえないけど、他の人からのアプローチは度々ある」と言う人は、仮氏を作ってみるのもアリかもしれません。
 
(今来 今/ライター)
 
■煮え切らない彼から「結婚しよう」を引き出す魔法の言葉5選
■男性が「今すぐにでも会いたい」と思うモテ女のテクニック
■乱用禁止! 男性をキープしておく小悪魔テクニック

結婚】の最新記事
  • 彼氏と結婚したいのに! 男が必ずしも彼女と結婚したいわけではない!?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?
  • 性格悪すぎ!姑と一生分かり合えないと思う瞬間
  • 両親へのあいさつまで済ませたのに婚約破棄……その理由が衝撃的過ぎた【前編】
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 幸せを感じられる結婚生活をおくるための3つのルール
  • 「プロポーズしたいのにできない」男子のホンネとは?
  • 「結婚したら楽させる」と言う彼…女性にとって本当の「ラク」とは