多くのひとはポジティブな格言を大切にしています。「他人と比べるべきではない」「ひとはひと、自分は自分」……。
しかし、このような言葉をいくら言われたところで、隣の芝生が青く見えることはあります。人間だもの。
 
そう、人間生きている以上、嫉妬や焦る気持ちを抑えることはできないのです。とくに、年齢を重ねてアラサーと言われる領域に突入してしまうと、結婚した友人が羨ましくて仕方ないという気持ちも……。
そこで今回は「既婚女性と比べて落ち込む瞬間」についてご紹介していきましょう。
 

結婚式に行ったとき

 

「友人の結婚式へ行ったのですが、幸せな雰囲気が逆に複雑な気持ちになった。ひとり暮らしの家に帰ってから、急激に虚しさが押し寄せてきましたね」(34歳/一般事務)
 
結婚式は幸せな気持ちになると同時に、自分がひとりである現実を突きつけられます。みんなに祝福される友人を見ると、「どこでこんなに差がついちゃったんだろう……?」と、思わず過去を振り返ってしまいますよね。帰り道で静かに涙する女性もいるようです。

友人に子どもができたとき

 

「私は、友人の結婚については何とも思わなかったんだけれども、友人に子どもができたと聞いたとき、ちょっと焦りましたね」(30歳/営業事務)
 
「親友の子どもを見たとき。かわいいなと思うと同時に、嫉妬で胸がザワザワしてしまった」(28歳/経理)
 
女性には出産のタイムリミットがあります。そのため子どもができた友人の人生が順調で、おめでたい反面、心のどこかで羨ましく思うのかもしれません。
それにお母さんになると、いままで以上にライフスタイルは変わります。「もう今までのように気軽には遊べないんだな」と感じ、切なくなるのでしょう。
 

自分より後に交際したカップルが結婚したとき

 

「私よりずっと後に交際したカップルが、1年半でゴールイン。『私はいままで何をしていたんだろう……』という気持ちになった」(29歳/接客)
 
彼氏がいるからといって、満たされるわけではありません。むしろパートナーがいるからこそ、結婚がズルズルと先延ばしになり、婚期を逃すこともあります。
こちらは時間をムダにしないためにも、彼に結婚願望があるのか、しっかり確認するべきでしょう。

友人のSNSの内容が変化したとき

 

「いままで一緒にパーティーやディナー写真をアップしていた友人が、手料理や子どもとの公園写真を載せるように。『もう生きている世界が違うんだな』と思いましたね」(33歳/OL)
 
結婚し、子どもができたことにより、興味の対象も異なっていきます。独身だった頃は一緒にハジけていた友人も、だんだん落ち着いた投稿をするように。
 
また、投稿だけではなく、いいね!やリツイート欄も既婚者向けのものばかりになり、複雑な気持ちに。そっとミュートをして、しばらく目につかないようにすることも……。
 

さいごに

 

どのエピソードも誰かが悪いわけではないのですが、既婚女性との生活の違いを感じてしまい、グサッとくることがあるようです。
「ライフスタイルが合わないな」と思ったら、無理せず距離を置くのものひとつの手段かもしれません。そのほうが心の安定をはかれるので、メンタルを一度落ち着けてから、婚活に励んだほうが意外とうまくいくかもしれません。
 
(和/ライター)
 
■結婚に焦りを感じてない女性が、焦らざるを得なくなった瞬間
■「結婚したいのに、出会いがなくて焦る」人へ
■独身女性たちの「結婚できない理由ランキング」!
 

結婚】の最新記事
  • 「結婚」と「恋愛」の決定的に違う点をポジティブにご紹介します
  • もうすぐ結婚式を挙げる友人のために! 盛り上がるサプライズ3選
  • マウント!?結婚した途端、上から目線になる女性。その心理とは?
  • 結婚を決断できたのは…既婚者が語る「押し上手な友人」の重要性
  • もしかして既婚者? 彼が結婚しているかどうか確かめる方法
  • いい子なんだけど…この女で大丈夫?男性が結婚をためらう理由
  • 「パパママ呼び禁止」これだけは譲れない!女子が語る結婚の条件
  • 人生で一番大事な"結婚式当日"のハプニング集