「結婚したら、毎日旦那さんのためにおいしい料理を作ってあげたい」
「仕事が激務で体力的にきついから、家事との両立は難しい。仕事を辞めるしかない」
こういった理由から、結婚後は専業主婦になりたいと考えている女性もいるでしょう。

たしかに、専業主婦になることで、家族の時間を大切にできたり、家の中を常に清潔に保つことができたり、役割分担がしっかりできていることで夫婦間でのトラブルが少なくなったり、といったメリットはあります。

ですが同時に、専業主婦を選ぶことで発生するリスクも存在します。今回は、専業主婦になることのリスクについて解説していきます。

専業主婦になるとどんなリスクがある?1 離婚のハードルが上がる


お医者さん同士のカップルの離婚率はかなり高いといいます。お互い手に職があり、経済的に自立しているために、離婚に対するハードルが低いために比較的簡単に離婚という選択肢を選ぶことができるのです。

一方、夫しか働いていない場合、妻は離婚によって経済力を無くしてしまうことになります。「離婚したら生活レベルが一気に下がるかもしれない」「一人では生活していく力が私にはない」と感じた場合、離婚の心理的ハードルは一気にあがります。

夫が浮気をしたり、最悪の場合にはDVやモラハラなどを行うようになっても、「離婚したら生活できない」となれば耐えるしか道がないようにも思えてきます。

家事を担う主婦は家庭内で働いていて、夫は外で働いている。役割が違うだけで立場は対等なはずなのですが、多くの場合、お金を稼いでいる方が家庭内の権力を握りがちです。そのため、専業主婦は、ともすれば家庭内での地位が低くなり、夫からひどい扱いをされたときにも強くでられなくなってしまう、といった事態にもなりかねないのです。

専業主婦になるとどんなリスクがある?2 夫が働けなくなったとき、生活が一変する


どんなに大企業でもリストラや倒産のリスクのある時代です。

また、高給取りの夫でも、精神的・肉体的不調から働けなくなってしまう可能性もあります。夫の収入がゼロになった場合、妻の収入もゼロでは、生活することが難しくなってしまいます。

専業主婦になるとどんなリスクがある?3 離婚後、一気に貧困化する可能性がある


家事は立派な仕事であり、重労働です。ですが、転職市場ではキャリアとはみなされません。

そのため、離婚することになった場合に、新しい仕事を探すのが難しく、一気に貧困化してしまう可能性もあります。正社員の仕事を見つけることができなかった場合、非正規の仕事をすることになります。非正規で働く34歳〜55歳までの女性の平均年収は250万円以下だといいます。

専業主婦をしていることで、離婚後に生活を立て直すのが難しくなってしまう、というリスクがあるのです。

さいごに


今回は、専業主婦を選択することのリスクをご紹介してきました。

もちろん、専業主婦で一生安泰に暮らす人もいるでしょう。また、共働きには共働きのリスクがあります。ただし、一度仕事を辞めてしまうと、元のキャリアに戻りにくのが日本の社会の現実です。

結婚するときに仕事を辞めるべきか否かの決断は、どんな人生をおくりたいのかを自分にしっかりと問いかけ、リスクを認識した上で決定する必要があるでしょう。

(今来 今/ライター)

■「結婚したいと思える相手」に出会うための3つのステップ
■カップル占い|彼氏は私と結婚するつもりがありますか?
■【結婚前に決めたい】夫婦の財布の管理方法は?小遣い平均は3万円?

結婚】の最新記事
  • 「彼氏いない歴=年齢」女性の驚くべき結婚条件とは!?
  • 男性にとって理想の結婚とは? 夢を抱きがちな男性の願望
  • これだけは譲れない!女性が男性に求める結婚条件
  • 結婚したいなら、磨くべきは女子力よりも「人間力」
  • 同性同士でも結婚したい! 同性婚が認められるべき理由
  • 彼氏が全然プロポーズしてくれない!彼の気持ちを結婚に導く方法
  • 結婚相手はどんな人を選べばいい? 最高な夫になる男性の見極め方
  • 不倫相手がスピーチ!?「こんな結婚式はいやだ」10選