若い女性たちの間で急速に高まっている専業主婦願望について、前編・後編でお届けしてきました。
 
■専業主婦希望の女性増加中!なぜ今専業主婦なのか?【前編】
■専業主婦希望の20代女性増加中!専業主婦は本当に楽?【後編】
 
ではこの傾向について、男性たちはどのように考えているのでしょうか?
 

妻に働いて欲しい男性は8割越えの現実

 
2013年2月、マーケティングリサーチサイトのモッピーラボは、働く20代以上の男性にスマホで「働く男性が女性に求めるキャリア調査」アンケートを実施しました。
 
まず、「結婚後、結婚相手に働いてほしいですか」という質問には、独身男性325人のうち29.5%が「フルタイムで働いてほしい」回答、さらに「パートタイム(アルバイト等)で働いてほしい」と回答した人の52.6%を加えると、独身男性の8割以上は、「結婚後、相手に働いてほしい」と考えていることがわかりました。
 
次に、既婚男性413人を対象にした「奥様は働いていますか」の質問では、全体の7割以上が共働き家庭と判明。
 
内訳は、「フルタイムで働いている」が47.9%、「パートタイム(アルバイト等)で働いている」が23.4%という結果でした。
 
しかしもうひとつ面白い質問があります。
「奥様に専業主婦になってほしいですか」という質問には既婚男性のほぼ半数が、「どちらでも良い」と回答しているのです。
 
この結果をもとに、男性にリサーチしてみると、本音が見えてきましたよ。
 

独身男性たちの本音とは

 
「僕も、仕事を続けるか専業主婦になるかは女性本人の意思に任せたいです。でも、実際僕一人の給料でこの先やっていけるのかと言うと正直不安です。もしこの先給料が減ったり税金が上がっても、きちんとやりくりしてくれるなら専業主婦でいてもかまいませんが、家計が厳しくなったら働く、くらいの気持ちでいて欲しい。僕に夜バイトしろって言われてもムリですから(笑)」(20代公務員)
 
結婚相手として人気の公務員でも社会に不安を感じています。
ただし収入が安定しているので、比較的専業主婦には肯定的な考えのようです。
 
「私の給料だけで都内で家賃を払って家族を維持していくのは正直ムリだと思う。でもだからって、私は忙しくて家事や子育ては手伝えないし、それを妻ひとりにすべて任して仕事もしろとはとてもいえない。だから結婚はまだムリだと思っている。」(30代正社員)
 
妻には専業主婦でいて欲しいが、それには自分の収入が足りないから結婚しない。
そんな本音の見える回答です。
 
「今の時代に専業主婦をしたいなんていう女性の勇気に脱帽します。この先ずっと専業主婦で家にいて楽しく暮らせるんでしょうか?そりゃバブルの時期ならいいですよ。僕にはちょっと考えられない。」(30代自営業)
 
社会情勢の不安定な中で働かない選択をするのはリスクが高い。
この先何が起きてもいいように、女性も働いて欲しいと考える男性のひとりです。
 

男性は女性の専業主婦願望に対して「どっちでもいい」

 
アンケート結果と男性達の意見から考えると、男性にとって、「妻が専業主婦」であるかどうかは案外どっちでも良い事のようです。
 
むしろ世間でバッシングされているほど専業主婦に嫌悪感を持っている人も少ないのかもしれません。
 
男性達の本音は、妻が専業主婦であるかどうかということよりも、「このさきずっと自分だけの収入でやっていけるのか」ということ。
 
「やっていけない」と予測する男性は女性に「仕事をして欲しい」と望み、「もしかしたらやっていけるかも」と予測する男性は女性に「仕事をしてもしなくてもどっちでも良い」と考える傾向があるように感じました。
 
女性の皆さんはどう受け止めますか?
 
Written by 杉本レン
Photo by hi-tekznologik
 
■専業主婦のリスクとは? キャリアアップの望めない無償労働が続く?
■結婚占い|彼は今結婚についてどう考えている?
■彼氏に「仕事辞めたい」と言われたら? 大切なのはヒアリング力

結婚】の最新記事
  • 一緒に子育てをする前提で見た「良い男性」とは?
  • マッチングアプリ経由で結婚した場合のメリット、デメリット
  • どうしても一人の時間が欲しい!そんな私でも結婚できますか?
  • 夫と「お金の価値観の違い」で破局しないための4つの方法
  • 結婚したいのに出会いがない!婚活疲れに苦しむ女子の解決策
  • 占いは婚活に効く!結婚へ導く賢いスピリチュアルの使い方
  • なんであの子は結婚できるの? あなたの妬む心を救う言葉
  • 「その男、結婚する気無いよ」相手の気持ちがわかる3つの条件