あなたは「専業主婦になりたい」と思ったことがありますか? あるならそれは、どんな時でしょう。
今回は、現代日本の「専業主婦」という職業について、考えていきます。
 

1.専業主婦になりたい理由

 
小さい頃からの夢だったり、家事や子供が好きで専業主婦になりたい方もいますよね。
しかし、そうではないのに「専業主婦になりたい」と考える方もいます。今、この考えは特別なことではないんです。
では、専業主婦という職業が好きではないのに、なりたいと考えるのには、どのような理由があるのでしょうか。
 

2.女性が働きにくい社会

 
例えば仕事に将来性を見いだせなかったり、自分に合った仕事が見つけられなかったりなど、仕事に行き詰まった時。いっそ専業主婦になって誰かに養ってもらいたいと考えたことはありませんか?
 
先日、世界経済フォーラム(WEF)から発表された最新のジェンダーギャップレポート(男女平等ランキング)で、注目すべき結果がありました。
参加国149カ国中、総合ランキングで日本は110位でしたが、「政治の権限(Political empowerment)」の項目だけを見てみると、日本は125位。日本の政治では、女性の力が圧倒的に弱いことが分かります。
国を代表する政治家たちの中ですら、女性が働きにくいのに、一般社会で女性が働きやすい訳がありませんよね。仕事に行き詰まって社会から離れたくなっても、何もおかしくはありません。
 

3.家事と育児と、仕事の両立

 
例えば結婚の予定があり子供もほしいけれど、仕事も辞めたくない時。結婚して子供が生まれても、仕事と両立できる自信はないし、仕方がないから退社して専業主婦になろうかと考えたことはありませんか?
 
家事・育児は、女性だけの仕事ではありません。夫婦が共働きであれば、2人で協力し分配するのが当然です。
 
しかし「女性は家事・育児を優先するべき」という、男女の職業が分離していた頃の概念が、偏見として残っています。その偏見を抱えたまま結婚をすると、女性は「家事・育児を男性より多くこなしつつ、仕事も続ける」といった非常に大変な状態になります。これを行える自信がある方は、多くありませんよね。
 
結果的に、女性の意思に関わらず、家事と育児を優先させるために仕事を辞めなければならなくなる、これは明らかな性差別なんです。
 

4.現代の専業主婦のリスク

 
「専業主婦」という職業を取り巻く環境は、昔と今では大きく変わっています。
そもそも専業主婦とは「家事・育児をする」ことが仕事で、生活にかかるお金はその全てを夫が稼ぎます。
 
私たちの親・祖父母の世代では、終身雇用・年功序列は当たり前でした。新卒で入社すれば定年まで同じ会社に勤め、勤続年数が長くなれば給料は上がります。
 
しかし現代でそれらは、決して当たり前ではありません。転職やリストラは頻繁に行われ、給料が上がる保証はなく、急に夫が無職になれば、たちまち家族の生活費はゼロになります。
現代で専業主婦になったとしても、昔と違い、大きなリスクがあるんです。
 

おわりに

 
父親が外で働き、母親が家事をする。そのような家庭で育った方も多いでしょう。
 
もしあなたが現状に行き詰まりを感じ、生活の正解を求めた時、「専業主婦になりたい」と考えることは決して間違ったことではありません。収入などの心配がなく、夫婦に不満がないのであれば、専業主婦も立派な職業のひとつです。
 
しかし、私たちの親・祖父母世代とでは、明らかに「専業主婦」という職業は変わりました。
専業主婦になりたくないのに、ならざるを得ない人が、本当に自分のやりたいことをできる社会になるまで、課題は未だ多くあります。
 
(西繭香/ライター)
 
■専業主婦も楽じゃない! その理由 3つ
■結婚するなら知っておきたい…彼の「将来性」は?
■「結婚したら、仕事やめたいですか?」と男性に聞き返して笑われた話
 
photo by.  https://unsplash.com/ (料理)
https://www.photo-ac.com/ (灰色)
 
参考資料:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 喧嘩ばかりの関係を辞めたい…夫婦関係を修復する5つのコツ
  • 既婚女性に聞いた!「この人と結婚しよう」と思った理由5選!
  • 結婚して幸せをつかむ女性とこじらせる女性、20代の過ごし方の違いって?
  • 「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」という男性の真意
  • こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」
  • 6月の第一日曜日はプロポーズの日!女性が思う理想のプロポーズとは?
  • 私は結婚できるのかな……。既婚女性と比べて落ち込む瞬間
  • デヴィ夫人に学ぶ「選ばれる女になること」の本質