こんにちは、沙木貴咲です。私は結婚して子どもを2人産み、のちに離婚したシングルマザーなのですが、第一子を産んだのは35歳の時でした。

20代は仕事をするだけでいっぱいいっぱいで、結婚願望もなかったのですが、30代半ばすぎに出産して感じるのは、「もっと早く子どもを産めば良かった」ということ。

 

いつか子どもが欲しいと考えるなら、せめて30代前半で出産しておいた方が良いかもしれません。

 

35歳を超えると『高齢出産』

 

人間の女性は、20代で妊娠・出産することがベストな体のつくりをしています。現在は医療が発達して、アラフォーでも安全に子どもが産める環境が整っていたりもしますが、基本的には35歳を超えると高齢出産になるんです。

ハイ、私は第一子を産んだ時点で高齢出産でした。

 

高齢出産では、20代での妊娠・出産よりもトラブルが増える傾向にあり、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などのリスクが高まります。

また、胎児の成長にも少なからず影響をもたらすといわれていて、具体的にはダウン症などの染色体異常児が発生する可能性が高くなるようです。25歳の出産では1,351人に1人なのに対して、30歳では909人に1人、40歳では112人に1人と確率が高まっていくのです。

 

そして30代女性は、20代女性に比べると体力が劣ります。

出産は数時間から長いと丸一日もかかるものなので、年齢が上がるほど子どもを産むこと自体が負担になり、体力が持たないという状況になってしまうのです。

 

アラフォーで子育てをする大変さ

 

生まれた時は、大体3kgほどの赤ちゃんですが、3歳を迎える頃になると1014kgまで成長します。小学校に入学するくらいには1820kg前後まで大きくなり、この頃にはもう抱っこもおんぶもほとんどしませんが、3歳の後半までは抱っこもおんぶも日常茶飯事です。

 

つまり、大きな米袋と同じか、それよりも重い我が子を、日常的に抱えて行動することになるんですね。

ベビーカーに乗せればいいじゃない、と言うかもしれませんが、2歳になると自我が芽生えて『イヤイヤ期』という反抗が始まるので、親の言うとおりに大人しくする子の方が珍しいんです。自分で歩くと言って外出して、2分もしないうちに「抱っこ!」と、まったく歩かなくなるのも良くある話です。

 

10kgほどの我が子をヨイショヨイショと抱えて歩き回るのは、ものすごく大変です。

20代より30代の方が疲れやすく、アラフォーではできるだけ外出したくない、と思えるのも当然でしょうか。体力がある20代~30代前半で子育てをした方が、自分の身体のためにも良いんですね。

 

年齢を重ねて子育てをするメリット

 

とはいえ、高齢出産にもメリットはあります。

それは、年齢を重ねるがゆえに身に付く知識の多さと、寛容さです。35歳前後で初産を迎える女性のほとんどが、それまでガッツリ仕事をしているものですが、15年前後の社会人生活から学んだことを子育てにも上手に生かせている人が多いと感じます。

 

また個人の性格にもよりますが、25歳より35歳の女性の方が、寛容で精神的な余裕があると思います。

体力は20代に劣っても、物事にあまり動じない貫禄というか、落ち着きがやっぱり違います。初めての出産・子育てだとしても、賢く器用にこなしているママさんが多いのです。

 

そして、20代で出産する女性に比べて社会人として働いた期間が長いため、職場に確かなポジションを確立していたり、手に職を持っていたりと、社会復帰をしやすいというメリットもあるでしょう。高齢出産が何もかも悪いわけではありません。

 

さいごに

 

もちろん、結婚しないと子どもは産めない訳で、結婚は相手がいなければ実現しません。

もし、「33歳くらいで子どもを産みたいなあ」なんて考えるなら、早めに出会いを求めて、結婚の計画を立てた方が良いですよ。

 

(沙木貴咲/ライター)

参考:【高齢出産のリスクは?年齢は何歳から?】こそだてハックより


■貯金ゼロで妊娠!出産・子育てはお金がなくてもできる?

■結婚占い|この人と結婚したら、どんな新婚生活になりますか?

■お金がない彼氏と幸せな結婚をする方法ってある?

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

結婚】の最新記事
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?
  • 男性は「プロポーズの準備」に余念がない。
  • 婚約しなければよかった……豹変して正体を現した地雷男!
  • 史上最悪な結婚式!当日に花嫁が来ない…これが現実で起こるなんて!【後編】
  • 一見して高収入男性と結婚するより、経済力のある女性になる方が低リスク
  • お祝いムードが一気に冷める「ウェディング・ハイ」――新婦の信じられない言動 4選
  • 「結婚できない女」なんて存在しない! 一度は結婚をすべき理由
  • 嫁姑問題は結婚前に解決! 彼ママに好かれるための重要ポイントとは?