交際が順調であったとしても、将来的に結婚できるのかは、とても気になる部分でしょう。
 
なかなか男性が結婚を真剣に意識してくれない場合には、何か大きな理由があるのかもしれません。
 
そこで今回は、今の彼女との「結婚に踏み切れない」理由について紹介します。
 

仕事が「軌道に乗っていない」

 

「結構若いときにサラリーマンを辞めたので、仕事がある程度うまく回るようになるまでは、結婚なんてとてもじゃないけど考えられなかったですね」(30代・男性・自営業)
 
仕事がちゃんと軌道に乗って、ある程度の経済的な余裕や安心感が生まれないと、男性は結婚をする勇気が出ないはず。
 
家族を養っていかなければいけないという思いがあるので、お金に不安がある状態では一歩を踏み出せないでしょう。
仕事が大変なときに男性に結婚を迫るのは重荷になるだけなので、そこのタイミングは見計らったほうがいいかもしれません。

彼女の「性格」がきつい

 

「ものすごいタイプで付き合っていても、性格があまり良くないと感じる女性とは、結婚をしようとは思わない。それはまた別の話です」(20代・男性・イベント制作)
 
恋愛と結婚は別物と考えている男性は多いので、付き合ったら必ず結婚を意識するとは限りません。
彼女としてはよくても、奥さんとして人生を共にしていくのはちょっと厳しいと感じたら、恋人以上の関係に発展させようとは思わないはず。
 
特に、自分勝手だったり、思いやりがなかったりといった、性格のきつさを感じる女性とは、男性は結婚したいという気持ちにはならないでしょう。
 

「自由」が一切なくなりそう

 

「意外と束縛をする彼女なので、結婚をするのは厳しいかなって思ってしまう。めちゃくちゃ縛られて、大変な日々を送ることになりそう」(30代・男性・広告代理店)
 
結婚をしたら独身時代のような自由がなくなってしまうという危機意識は、少なからず誰もが持っているでしょう。
ただでさえそう感じているのに、彼女が束縛や干渉が激しいタイプの女性だったら、不安がさらに大きくなるだけ。
 
お互いに自由な時間も持ち合えるような関係性を築いていかないと、男性に結婚を意識させるのは難しくなりますよ。

現状に「満足している」

 

「今の関係がすごくいいからこそ、このままでいいかなって思いますね。必ずしも結婚をしなければいけないっていう時代でもないですしね」(30代・男性・エンジニア)
 
今のふたりの関係に満足していたら、「この状態を壊したくない」という思いが働く場合もあるかも。
居心地の良さと結婚へと重い腰を上げることの面倒さが重なったら、結婚にはなかなか踏み切れないでしょう。
 
ただ、「結婚したい」という気持ちをきちんと伝えて、じっくりと話し合う時間を持てば、きっと彼氏もあなたとの将来を本気で考えてくれますよ。
 

さいごに

 

結婚は男性にとっても一大決心が必要なことなので、そう簡単には踏み切ることができないでしょう。ただ結婚してほしいと猛アピールをするのではなく、男性の心情も察することが重要になりますよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
■彼氏と結婚したいのに! 男が必ずしも彼女と結婚したいわけではない!?
■男性が「結婚相手」と「恋人」に求めるものの違いとは?
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

結婚】の最新記事
  • 両親へのあいさつまで済ませたのに婚約破棄……その理由が衝撃的過ぎた【後編】
  • 「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」という男性の真意
  • こんなはずじゃなかった!結婚後に、男性の態度が変わってしまう理由とは?
  • 事実婚も楽しいかも!? 同棲したまま結婚しないメリットを考えてみた!
  • したいのに結婚できない男女が増えている?その理由とは
  • 彼氏と結婚したいのに! 男が必ずしも彼女と結婚したいわけではない!?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?
  • 性格悪すぎ!姑と一生分かり合えないと思う瞬間