ふたりの異性から告白された――。あなたがモテるタイプの場合、そんな経験もあるでしょうか。
 
ほかの人が聞いたら、なんともうらましい話に思われそうですが。
ふたりの相手から告白されたら、実際は悩んでしまいそうですね。
 
本気で思われるのはうれしい反面、相手の気持ちが重たくなってしまいそう。
もしどっちと付き合ったら……と、悩む場面があったら、どうしたらいいのでしょうか。
 
今回は、そんなシチュエーション時を想定して考えてみました。
 

自分はどっちが好きなのか?

 
どっちと付き合うのかは、悩むまでもないでしょう。
答えは、あなたが好きな方と付き合えばいいから、です。
 
理屈では、いくらでも考えられますよね。Aさんのほうが顔はタイプじゃないけど、趣味も話も合うし、一緒にいて楽しい。でも、その好きは恋愛感情ではない。Bさんは顔はタイプだけど、共通点が少ない。
 
それでも、自分が好きなのはBさん。だとすれば、付き合うのはBさん以外にいませんよね。好きでもない人と付き合ってもつらいですし、相手にも失礼になってしまいます。
 

好きの気持ちが強い方と付き合う

 
それでも、相手がどっちと付き合おうか即決できず、迷ってしまうのは、好きな人との付き合いに不安や不満があるからではないでしょうか?
 
好きの気持ちがあっても、相手との相性に不安を感じている。そんな場合だと、Aさんと付き合ったほうが……と、心が揺らいでしまうと思います。
 
それでも、相手との付き合いを考えるうえで、最も大切なことは「相手のことが好きかどうか」では。
好きの気持ちは、一番強い要素です。好きの気持ちがなければ、相手のことも気になりませんし、興味すら抱かないでしょう。
 
いくら相手と話していて楽しくても、それは異性としての気持ちではない以上、答えは見えているのではないでしょうか。
 

付き合うことでわかることもある

 
付き合ってみないと、わからないこともあると思います。いまは相手との関係に不満や不安を覚えていても、付き合ってお互いのことを知っていくうちに、わかっていくこともあるでしょう。付き合い方を工夫することで、不満や不安が解消されることもあるのではないでしょうか。
 
もう一人の人とは、自分の気持ちをしっかりと伝えたうえで、友達として距離を図るのか。それともサヨナラするしかないかは、相手と自分次第だと思います。
 

ムリして付き合わなくてもいい

 
もしこれが、どちらにも好きの気持ちがない場合は、試しにどちらかと付き合ってみたり、ふたりとデートしながら、自分の気持ちを決めるのもアリだと思います。
やり取りを重ねながら、自分がどちらかに惹かれる場合もあれば、どちらにも興味が抱けない場合もあるかもしれません。
 
好きでもない人と無理して付き合う必要もないと思うので、その場合は友達として距離を図るのもいいのでは。
自分の気持ちに正直に、どうしたいのか、冷静に自分と向き合ってみましょう。
 

おわりに

 
どちらか一方のことが、すでに好きなら、答えはもう決まっていますよね。迷いがあるのは、不安があるからでしょうが。付き合う前に迷っても、悩みは尽きません。
 
試しに付き合ってみて、それから考えてみてもいいと思います。それはどちらも、現段階では好きではない場合も同様です。参考にしてみてくださいね。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■彼を本気で好きになる前に確認したいこと。地雷を避けるチェック3つ
■私の結婚相手は本当にこの人でいいの?
■なぞの上から目線や勝手な思い込み…こんな勘違い男には要注意!
 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」という男性の真意
  • こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」
  • 6月の第一日曜日はプロポーズの日!女性が思う理想のプロポーズとは?
  • 私は結婚できるのかな……。既婚女性と比べて落ち込む瞬間
  • デヴィ夫人に学ぶ「選ばれる女になること」の本質
  • 事実婚も楽しいかも!? 同棲したまま結婚しないメリットを考えてみた!
  • こんなはずじゃなかった!結婚後に、男性の態度が変わってしまう理由とは?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤