ライターの大久保 舞です。
6月は「ジューンブライド=6月の結婚(欧米では6月に結婚すると幸せになれるとされている)」ということで、結婚式が増える季節ですよね。
招待状が届いても、女友達の結婚式に参列するのに気が進まない⋯⋯という方もいらっしゃると思います。

今回は、おもわず結婚式に参列したくなるような「女友達の結婚式に参列してよかったこと」を筆者が女性にリサーチしたものを5つ集めました。

その1.幸せな気持ちになれた


「長年独身仲間だった親友が結婚。くやしい気持ちも正直あったけれど、やっぱり親友が幸せになれたことはうれしかった。幸せそうな親友を見て、幸せな気持ちになれたし、自分も幸せになるぞ!って思えた」(20代・接客業)

大切な女友達が幸せそうな姿を見たら、こちらも幸せな気持ちになれるというのはあるかもしれませんね。
くやしい気持ちよりも、うれしい気持ちのほうが上回るようであれば、その女友達とはずっと親しい関係でいられることでしょう。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • タロットでわかる!彼氏は私と結婚する気がある?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤
  • 結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
  • 2人の異性でどっちと付き合うか迷った時、どうすればいい?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 3ヵ月後、彼との結婚は現実に近づく?
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?