営業部のエースの心を射止め、あっという間に結婚まで漕ぎつけた同僚のM。
みんなの祝福モードに気を良くしたのか、幸せマウントを取り始めます。
SNSでも、会社でも、飲み会でも、所構わず繰り広げられる自慢話に周囲がほとほと困り果てた頃……
私は知ってしまうのです。Mの本当の顔を。
 
彼女の傍若無人ぶりをご紹介した前編はこちら:「エリートと結婚して幸せマウント爆発! そんな女友達に待っていた不幸な結末とは【前編】」
 

Mは妄想話でマウントを取っている?

 

営業部に用事のあった私は、Mの旦那さんと雑談する機会があったので「毎日幸せみたいですね。そろそろお子さんも考えてるってMから聞きました。うらやましいです」
 
そう、何気なく聞きました。
しかし返ってきたのは、予想だにしない言葉でした。
 
「え、子ども? 僕が? 誰と作るんですか」
「誰とって……昨夜も、男の子がいいか女の子がいいか話したらしいじゃないですか」
「あぁ、Mですか? また妄想話繰り広げているんですね。いい加減現実見てほしいんですけど……よく言い聞かせておきます」
 
妄想話……? 言い聞かせる? 正直に言って混乱しました。
 

夫婦で食い違う結婚生活の実態

 

「Mに虚言癖なんてありましたっけ……?」
つい口をついで出た言葉でした。
 
「そこまでではないかもしれませんけど、なんか理想の新婚生活像みたいなものがあるみたいで、押し付けてくるんです。家に帰ったら、夕飯作って食べずに待ってるし。飲み会なのにですよ? だから『もう食ってきた』って言ったら、飲みの日は言って欲しいだとか……夜の10時半なんだから、察するものだと思うんですけどね」
 
女性の私からすると、「察してほしいとしても、一本連絡を入れるくらいできると思うけど……」と思いましたが、そこは黙っておきました。
 

幸せとは程遠い結婚生活

 

事態は思ったより深刻だったようです。
 
「じゃあ、あまりご自宅には帰られないんですか?」
「ですねー。だいたい飲んで帰るか、営業補佐の子の家で食べて帰ってますよ」
 
これ以上は聞いていられない、と思って、「そうだったんですね……では、また来ます」とだけ残して自室へ戻りました。
 
いてもたってもいられず、その日も定時に上がろうとするMを無理やりご飯へ誘い、問いただしました。
Mは泣きながら、全部本当だと話してくれました。
__PAGE_FEED_02__

旦那は最低自己中男だった!

 

旦那の自分勝手な行動に振り回され続けていると。
 
夕飯を作って待っていた話も、
「明日は飲み会だから、って言われたから、私はちょっと残業して適当にご飯食べて帰ったら、家にいて。なんで飯作って待ってないんだって怒られて……それから毎日、ご飯作って待ってるの。それなのに、待つなとか、頭使えばわかるだろとか言って、先に寝ちゃうし……」
 
離婚を勧めようと思いましたが、簡単には行かないだろうとも同時に思い、一緒に戦おうと誘うことしかできませんでした。
 

弁護士に相談して極秘に離婚準備中

 

今はMと一緒に弁護士を探しているところですが、旦那は相変わらずのようで、バレたらどうしよう、とよく泣きついてきます。
私の彼氏にも協力してもらい、早く解決したいです。
 
Mが幸せマウントを取っていたのは、ぽっかり空いた心の穴を埋めるためだったのです。
みなさんも、周囲に同じような思いをしている人がいないか、よく思い出してみてください。
 
(廣瀬伶/ライター)
 
■エリートと結婚して幸せマウント爆発! そんな女友達に待っていた不幸な結末とは【前編】
■ハイスペック彼氏でマウントを取る女性を待ち受けていた悲惨な末路【前編】
■旦那とママ友がまさかの不倫!? 泥沼不倫劇【前編】
 

結婚】の最新記事
  • 「結婚相手は2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • 結婚願望が強すぎるとうまくいかない? 結婚するために必要な「適度な軽さ」とは?
  • 母親からの「結婚はまだなの?」攻撃を上手にかわす方法
  • 史上最低最悪の衝撃結婚式!当日に暴かれた夫の秘密とは【前編】
  • 幸せなことばかりではない!? みんなが意外と知らない「結婚後の落とし穴」
  • エリートと結婚して幸せマウント爆発! そんな女友達に待っていた不幸な結末とは【後編】
  • 女性が「本当に結婚できるのかな…?」と不安になる瞬間3選
  • 「一生独身かも…」女性が結婚へ危機感を感じる瞬間10選