網野新花です。

新婚の人なら、今はラブラブの真っ最中で「離婚とか考えられない!」という感じでしょう。

しかし結婚5年目になると、夫婦仲が悪くなる夫婦が増え、中には離婚に至る夫婦も。今回は結婚生活3年未満の夫婦に「魔の5年目」を回避する方法を紹介します!

結婚5年目に夫婦仲が悪くなりやすいのはアレが理由


結婚5年目に危機を迎えるのは、「PEA(恋愛ホルモン)が分泌されなくなるから」。

人は恋をすると、PEAというホルモンが分泌されます。しかしこのホルモンは2,3年で減少し始め、5年もすると完全に消えてしまいます。

PEAが消えたあとは、「ラブラブフィルター」がなくなり、冷静に1人の人間として相手を判断します。そのときに今まではラブラブフィルターで消えていた気に入らない点が見え、積み重なれば、やがては離婚に至ってしまいます。

結婚5年目に向けて何をすればいい?


自立する
相手に依存しすぎている場合、5年目になってラブラブフィルターが消え、呆れられて離婚に至ってしまいます。

そうならないために、結婚後も”自立”を心がけると○。
具体的には
・「相手に嫌われてもいい」と思う
・相手のスマホや手帳を見ない
・「相手に幸せにして欲しい」という意識を捨てる

を実践しましょう!

お互いの価値観をハッキリさせる
いくら夫婦とはいっても、
・子供は何人欲しいか
・専業主婦になりたい/なってほしいか
・金銭感覚はどうか
・家族付き合いはどうか

など、いろいろなところが違います。

なのでお互いの価値観を総ざらいして、あとあと「こんなのじゃなかった…。」と後悔しないようにしましょう。

相手を否定しない
結婚当初は相手を否定しても、「嫁はドSだけれど、そこがキュンとする」で済まされますが、ラブラブフィルターがかからなくなるうちに、それが相手を追い詰めることに。

なのでなるべく相手を否定しないようにし、円満な結婚生活を送るようにしましょう。

夫婦ケンカは負けておこう
結婚すると価値観のぶつかり合いから、夫婦ケンカに発展することも多々あるかと思われますが、なるべく夫婦ケンカは負けておいたほうが、夫婦仲は悪くなりません。また子供にも悪影響を与えないので、負けたほうがおトクです。

結婚して5年経ってからもラブラブでいよう!


結婚して5年経つと、PEAが分泌されなくなるので、ラブラブムードがなくなり離婚危機になりやすいと言われています。5年以上経ってからもラブラブでいるために、今のうちからできることはやってみては?

(網野 新花/ライター)

■「いつか子どもが欲しい」と思うなら、早めの結婚・出産が良い理由!
■結婚占い|あの人は私との結婚を真剣に考えてくれている?
■幸せを感じられる結婚生活をおくるための3つのルール

結婚】の最新記事
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由