かつて、結婚は家と家の結びつきの役割が強く、親が決めた人と結婚する、というのが普通の時代がありました。

現代でも家族がすすめる人とお見合いするスタイルは残っていますがあくまで少数派であり、自分の意志で選んだ恋愛相手と結婚する恋愛結婚が主流になっています。

でも、恋愛ってぶっちゃけ面倒ですよね。

惚れたはれたはもうしたくないけど、一生涯味方でいてくれるパートナーが欲しい、という人は「友達婚」を検討してみてはいかがでしょうか。

友達婚とは?


友達婚とは、恋愛感情抜きで自分で選んだ気の合う友達と結婚することです。

恋愛感情が一生続くカップルなんてそうそういないでしょうから、よく考えたら最初から「気が合う」人を選ぶ友達婚って理にかなっているような気がします。

たとえば、エッセイストの中村うさぎさんは、ゲイの外国人男性と結婚をしました。中村うさぎさんはストレートですから、二人の間に恋愛感情や性的関係はありません。また、同じくエッセイストの能町みね子さんも、ゲイのライターである高橋サムソンさんと、現在結婚を前提とした友達付き合いをしているといいます。こちらも恋愛感情・肉体関係抜きの関係です。

友達婚のメリット。家庭と恋愛を分けることができ、平和な毎日がおくれる


恋愛感情なしの友達婚をする第一のメリットは、家庭と恋愛を分けることができる点でしょう。

世の中には結婚したあとも別の人と恋に落ちてしまう人が大勢います。一般的な恋愛結婚であれば、「好きだけど気持ちを抑えなければ」と葛藤することでしょう。浮気をしてしまった場合は、「不倫」だと糾弾され、家庭が壊れてしまう場合もあります。

ところが、友達婚の場合はそういった事態に発展しようがありません。家庭に恋愛感情をもちこまないことで、平和な日常生活を維持できそうです。

また、恋愛で盛り上がって結婚して、あとから、「やっぱりちょっと違った」ということにもなりません。恋愛感情抜きで相手を選べるので、冷静に共同生活に適した人材を選ぶことができます。

友達婚のデメリット。子供が欲しい人には向かない


友達婚では、夫婦の間に性交渉はありません。ゆえに、子供を作ることもできません。

子供が欲しいから結婚したい、という人は、友達婚に不向きと言えるかもしれません。「友達だけど子作りのためのセックスだけはする」というパターンも考えられますが、まれなケースでしょう。

さいごに


今回は、恋愛結婚とは一味ちがう、友達婚についてご紹介してきました。

友達婚なら、面倒な駆け引きや嫉妬、浮気などの問題は発生しませんので、「恋愛めんどくさい」という女性にうってつけの選択肢です。恋愛結婚が主流の昨今ですが、一生恋愛気分でいることは不可能だと多くの人は気が付いているため、今後、友達同士で結婚する、という形の結婚も増えてくるかもしれませんね。

(今来 今/ライター)

■成果が出なくて疲れる「婚活疲れ」している人はゴール設定を変えよう
■人生占い|あなたが幸せになる方法
■【恋愛はめんどくさい】恋愛抜きの結婚がメリットだらけだった

pickup!
結婚】の最新記事
  • 40代で結婚できない女性の特徴
  • 介入しすぎ! 親が参加する婚活の実態
  • 「味覚がいい女性」は幸せな結婚をする! 味音痴との違いとは?
  • 仕事能力は恋愛に活かせる? 強い女の愛され術
  • 恋愛はアリだけど結婚はナシ、と男に思われる女性の特徴
  • あなたは結婚できる? 男性が結婚を覚悟する女性とは
  • 結婚相手はどこを見て選べばいい? 後悔しないために知っておきたいこと
  • 想像力が決め手! 男性が彼女と結婚したくなるのはどんなとき?