結婚したいですか? したいならば、なぜしたいのでしょうか? 「好きな人とずっと一緒にいたい」という理由ならば、もしかしたら籍を入れる必要はないのかもしれません。

今回は、事実婚のメリット・デメリットについて簡単に解説していきます。結婚するべきか否か迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

事実婚のメリットとは?


まずは事実婚のメリットから考えていきましょう。

事実婚のメリット1 面倒な親戚づきあいがない 「好きな人と一緒になりたかっただけなのに、舅・姑が最悪」など、親戚付き合いに苦労されている方も多いでしょう。

結婚は、家と家との結びつきという側面があるため、面倒な親戚づきあいは避けては通れません。一方、事実婚ならば、極端な話、相手の両親に一度も会わずにふたりだけの生活を続けていくことができるのです。

事実婚のメリット2 名前を変える手間が必要ない

結婚したときに、女性は不公平感を抱くことがよくあります。なぜなら、多くの場合、女性側が姓を変更する手続きをする必要があるためです。クレジットカードや銀行口座、運転免許証など、変更手続きは数多くあり、とても煩わしいものです。

事実婚であれば、姓を変更する必要はありませんから、面倒な手続きとは無縁です。

事実婚のメリット3 離婚時の財産分与などはきちんと受けられる

「事実婚だと、いざというときに法律に守ってもらえないのでは」と考えている方もいるかもしれませんが、心配無用です。事実婚であっても、普通の結婚と同じく、財産分与などは受けられます。

また、どちらかが不貞行為を働いた場合にも、普通の結婚と同じく、慰謝料を請求する権利が発生します。事実婚でも、法律によって守られている部分は大きいのです。

事実婚のデメリットとは?


事実婚には、多様なメリットがあることをご紹介しました。では逆に、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

事実婚のデメリット1 税金の優遇措置が受けられない

事実婚の場合、年金や保険などは普通の結婚と同じ扱いになりますが、配偶者控除を受けることができません。

事実婚のデメリット2 子供が非嫡出子になる

子供が生まれた場合、事実婚であれば、子供は非嫡出子と認識され、母親の戸籍に入ります。必然的に母親の姓を名乗ることになるので、父親の姓を名乗りたいといったときに不便に感じるというデメリットがあります。

事実婚のデメリット3 社会的信用が得られない場面がある

事実婚は、まだまだ日本では少数派です。そのため、「なぜ籍を入れないの?」と事実婚を選択した理由を理解してもらえない場合もあります。また、住宅ローンなどを組むときに、夫婦共同名義にすることが難しい、といったデメリットも考えられます。

さいごに


今回は、事実婚のメリット・デメリットについて簡単に解説してきました。

籍を入れる結婚と事実婚、自分たちにとってどちらが本当に望ましいのか、しっかりと考えて決断しましょう。

(今来 今/ライター)
by.yummy!

■結婚を親に反対されるなら事後報告もアリな理由3つ
■結婚占い|彼は私との未来についてどう考えているの?
■結婚って幸せ? ストレス? 結婚のメリット・デメリットとは

結婚】の最新記事
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
  • 令和でもまだまだこじらせる「毒女」のセルフチェック8つ
  • 交際わずか数ヵ月で結婚!スピード婚カップルが結婚した理由