民放752条には、「夫婦は同居し、お互いに協力し、扶助しなければならい」と記載されています。いわゆる同居の義務というものです。こういった義務があるため、「別居婚は法律的にアウトなのでは?」と考える人も多いようです。
 
ですが、実際には、別居婚だからといって罪に問われることはありません。夫婦のどちらかが話し合いもせず一方的に家を出た場合は問題ですが、ふたりで話し合って決めた別居の場合は、なんの問題もないのです。
 
今回は、別居婚のメリット・デメリットについて解説していきます。
 

別居婚のメリット・デメリットとは?

 
別居婚のメリット 自分の時間がもてる・トキメキが長く続く
別居婚のメリットは、なんといっても自分の時間がもてる自由さでしょう。また、毎日一緒に生活していれば、相手の汚いところやだらしないところが嫌でも目に入ってきますが、別居婚だとそういった心配は無用です。マンネリ化するスピードも遅くなるので、恋愛のトキメキを長期間に渡り持続させることができます。
 
別居婚のデメリット 浮気の可能性・お金がかかる
ただし、別居婚にはデメリットもあります。もっとも大きなデメリットはお金がかかるということでしょう。一般的に、ひとりで住むよりふたりで住む方が生活費は安くなります。同居していれば将来のために貯蓄もしやすいですが、別居となればそうはいきません。また、自由度が高いために浮気などの可能性が上がるという危険性も考えられます。
 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤
  • 結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
  • 2人の異性でどっちと付き合うか迷った時、どうすればいい?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 3ヵ月後、彼との結婚は現実に近づく?
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?
  • 私の「理想の結婚」は、叶えられる?