民放752条には、「夫婦は同居し、お互いに協力し、扶助しなければならい」と記載されています。いわゆる同居の義務というものです。こういった義務があるため、「別居婚は法律的にアウトなのでは?」と考える人も多いようです。
 
ですが、実際には、別居婚だからといって罪に問われることはありません。夫婦のどちらかが話し合いもせず一方的に家を出た場合は問題ですが、ふたりで話し合って決めた別居の場合は、なんの問題もないのです。
 
今回は、別居婚のメリット・デメリットについて解説していきます。
 

別居婚のメリット・デメリットとは?

 
別居婚のメリット 自分の時間がもてる・トキメキが長く続く
別居婚のメリットは、なんといっても自分の時間がもてる自由さでしょう。また、毎日一緒に生活していれば、相手の汚いところやだらしないところが嫌でも目に入ってきますが、別居婚だとそういった心配は無用です。マンネリ化するスピードも遅くなるので、恋愛のトキメキを長期間に渡り持続させることができます。
 
別居婚のデメリット 浮気の可能性・お金がかかる
ただし、別居婚にはデメリットもあります。もっとも大きなデメリットはお金がかかるということでしょう。一般的に、ひとりで住むよりふたりで住む方が生活費は安くなります。同居していれば将来のために貯蓄もしやすいですが、別居となればそうはいきません。また、自由度が高いために浮気などの可能性が上がるという危険性も考えられます。
 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 「まだ早いかも」男性が結婚を迷う6つの理由とは?
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
  • これから3年で、あなたに結婚のチャンスは何回訪れる?
  • 結婚占い|プロポーズを受けるとき…その前兆は?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?
  • 今から3ヵ月後、彼氏が起こす結婚に向けた行動とは?
  • 今、あなたが結婚するために求められていることって何?