結婚したい、と漠然と考えているのに、結婚できない理由とはなんでしょうか? 今回は結婚したいのにできない男女が増えている理由について解説いたします。

したいのに結婚できない男女が増えている理由1 結婚がマストではなくなった


昔の男女は、ほぼ100パーセント結婚できていました。現代では結婚できないだろうと思われるようなコミュニケーション能力が低かったり経済的に問題があったりする男女でも、なんだかんだツガイになっていたのです。なぜそんな現象が起きていたかというと、結婚しなければ生きていけない社会だったからです。

かつて、男性は「早く所帯を持って一人前になれ」と言われていました。結婚しなければ出世に影響がある会社も珍しくなかったのです。それに、男女雇用機会均等法前は、女性がひとりで自活していくのは無理ゲーでした。どれだけ優秀な女性でも、男性の稼ぎがないと貧困に陥ってしまっていたのです。結婚は「いつかしたいな」というものではなく、「結婚OR社会的な死・貧困」という時代だったのです。

現代では、「早く所帯を持って一人前になれ」と言う人が現れたら、「は?」と感じる人も多いでしょう。結婚することは個人の自由だと考えられています。ルンバなどの機器の登場によって家事も驚くほど楽になっているので、家事要因として主婦を探す必要もなくなりました。女性側にも、(まだまだ男女で不公平な賃金格差が存在するとはいえ)自活する経済力がつきはじめました。

そうなると、自然と結婚はしてもしなくてもどちらでもいいものになります。そのため、「いつかしたい。でも結婚しなくても生活できるから、ベストな人が現れるまで結論を先延ばししたい」という心理が働くのです。

「今すぐしなくてもいい。もっといい人が現れるかも」という気持ちが、結婚したいのになかなかできない男女を生み出しています。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • タロットで未来を占う! あなたはどんな結婚生活を送る?
  • 交際1年でゴールイン!スピード婚するカップルがしていたこと
  • 「まだ早いかも」男性が結婚を迷う6つの理由とは?
  • 「結婚はしたくない」非婚化が進む原因とは?
  • 男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
  • これから3年で、あなたに結婚のチャンスは何回訪れる?
  • 結婚占い|プロポーズを受けるとき…その前兆は?
  • 別居婚ってアリかも!別居婚のメリット・デメリットとは?