結婚したい、と漠然と考えているのに、結婚できない理由とはなんでしょうか? 今回は結婚したいのにできない男女が増えている理由について解説いたします。

したいのに結婚できない男女が増えている理由1 結婚がマストではなくなった


昔の男女は、ほぼ100パーセント結婚できていました。現代では結婚できないだろうと思われるようなコミュニケーション能力が低かったり経済的に問題があったりする男女でも、なんだかんだツガイになっていたのです。なぜそんな現象が起きていたかというと、結婚しなければ生きていけない社会だったからです。

かつて、男性は「早く所帯を持って一人前になれ」と言われていました。結婚しなければ出世に影響がある会社も珍しくなかったのです。それに、男女雇用機会均等法前は、女性がひとりで自活していくのは無理ゲーでした。どれだけ優秀な女性でも、男性の稼ぎがないと貧困に陥ってしまっていたのです。結婚は「いつかしたいな」というものではなく、「結婚OR社会的な死・貧困」という時代だったのです。

現代では、「早く所帯を持って一人前になれ」と言う人が現れたら、「は?」と感じる人も多いでしょう。結婚することは個人の自由だと考えられています。ルンバなどの機器の登場によって家事も驚くほど楽になっているので、家事要因として主婦を探す必要もなくなりました。女性側にも、(まだまだ男女で不公平な賃金格差が存在するとはいえ)自活する経済力がつきはじめました。

そうなると、自然と結婚はしてもしなくてもどちらでもいいものになります。そのため、「いつかしたい。でも結婚しなくても生活できるから、ベストな人が現れるまで結論を先延ばししたい」という心理が働くのです。

「今すぐしなくてもいい。もっといい人が現れるかも」という気持ちが、結婚したいのになかなかできない男女を生み出しています。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • タロットでわかる!彼氏は私と結婚する気がある?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤
  • 結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
  • 2人の異性でどっちと付き合うか迷った時、どうすればいい?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 3ヵ月後、彼との結婚は現実に近づく?
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?