こんにちは、網野新花です。

普通、結婚というと事前に親に報告するものですが、親に反対されるなら事後報告で結婚するのも十分アリだと思っています。

今回は事前報告ではなく事後報告でもいい理由を3つ紹介していきます。

事後報告で結婚したカップルの割合は?


すでに結婚している男女100人に聞いたところ、回答者の10%が「親には結婚後に報告した」と答えました。

理由には「2度目の結婚だったので、あまり話題にしたくなかった」(37才/主婦)や「相手からOKをもらって結婚したかった」(32才/会社員)などが挙げられています。

1.大人なので親の許可はいらないから


20才になると
・お酒が飲めるようになる
・タバコが吸えるようになる
・競輪や競馬などのギャンブルができるようになる
・ローンを組んだり、賃貸契約をするときに親の同意が必要ではなくなる
・国民年金への加入義務発生する

などといった変化が生じますが、これは全部子供から大人になったことで起こるものです。

親は子供を育てるために存在しており、大人になるということは親の扶養から外れることになります。

そうなれば親の許可がなくても物事を決断できますし、もし結婚を親に反対されるなら、親の判断に任せず自分達の意思で結婚に踏み切るのもアリでしょう。

2.成人していれば「結婚するときは親の許可が必要」という法律もないから


「結婚は親の許可が必要」という法律はありません。未成年が結婚する場合、両親どちらかの許可が必要(民法737条1項・民法737条2項前段)ですが、成人同士の結婚なら許可は要りません。
なぜなら世間的には成人になった=1人前になった とされるためです。もし親が結婚を事後報告して、怒ってきたら「法的にも認められている」といえば、少しは納得してくれるでしょう。

3.親の考え方は今の時代に合っていないから


親はあなたより20〜40歳程度年上であることがほとんどですが、その時代に仮想通貨やInstgramといった言葉や、副業という考え方はありませんでした。

時代の変化が速くなっている現代では、親の価値観は今の時代と合いません。最近では事実婚や同性間での結婚なども増えており、そういった結婚ならなおさらです。

古い価値観に引っ張られている親を説得するのに手間取っているなら、事後報告で結婚したほうが手っ取り早く結婚にこぎつけられます。

ただし事後報告なら覚悟は必要


ただし結婚したことを親に報告したとき、

・「なんで親に言わなかったんだ!」と激しく怒る
・ビックリして無言になる
・「子供の決断だから…」と祝福される

このうちどれかの反応が返ってくることが多いです。

祝福されるならまだしも、激しく怒ってしまい、絶縁されたという人も。報告するときは気を引き締める必要があります。

親には事後報告で「先回り」結婚をしよう


親には事後報告で「先回り」結婚をすることで、面倒な親への説明を回避してスムーズに結婚できます。

事実婚や同性婚などなかなか親世代には理解してもらえない結婚をする人や、何度親に説明してもOKしてくれない親がいる人は、ぜひとも実践してみましょう。

ただし事後報告となると、報告するときが大変です。どんなリアクションをされるか読めないので、そこは覚悟してくださいね。

(網野 新花/ライター)
アンケート出展:https://www.lancers.jp/work/detail/1936282
調査期間:2018年04月29日~2018年04月30日
対象:既婚者の男女100名

■結婚式はあえて挙げない「ナシ婚」のメリット・デメリットとは?
■結婚占い|この人と結婚したら、どんな新婚生活になりますか?
■結婚式に新婚旅行…結婚準備のための貯金はどうつくる?

結婚】の最新記事
  • 「結婚しない男」と「結婚できない男」の見分け方とは?
  • 「結婚する気はない」独身主義を公言する男女の本音とは?
  • 【同類婚・上昇婚・下方婚】幸せになれるのはどんな結婚?
  • 姑からのプレッシャーで離婚危機にまでなった話【前編】
  • みんなどうして結婚するの? あなたが結婚したいと思う理由について
  • 家事、金銭感覚、食事――価値観にギャップのある彼との結婚ってどう?
  • 実家暮らしの女性は、一人暮らしの女性よりも結婚が難しい?――3つの理由
  • 結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?