こんにちは、網野新花です。

普通、結婚というと事前に親に報告するものですが、親に反対されるなら事後報告で結婚するのも十分アリだと思っています。

今回は事前報告ではなく事後報告でもいい理由を3つ紹介していきます。

事後報告で結婚したカップルの割合は?


すでに結婚している男女100人に聞いたところ、回答者の10%が「親には結婚後に報告した」と答えました。

理由には「2度目の結婚だったので、あまり話題にしたくなかった」(37才/主婦)や「相手からOKをもらって結婚したかった」(32才/会社員)などが挙げられています。

1.大人なので親の許可はいらないから


20才になると
・お酒が飲めるようになる
・タバコが吸えるようになる
・競輪や競馬などのギャンブルができるようになる
・ローンを組んだり、賃貸契約をするときに親の同意が必要ではなくなる
・国民年金への加入義務発生する

などといった変化が生じますが、これは全部子供から大人になったことで起こるものです。

親は子供を育てるために存在しており、大人になるということは親の扶養から外れることになります。

そうなれば親の許可がなくても物事を決断できますし、もし結婚を親に反対されるなら、親の判断に任せず自分達の意思で結婚に踏み切るのもアリでしょう。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 運命の人との出会いから結婚までのすべて
  • 独身の私を周囲の人はどう思っている?
  • 私の「理想の結婚」は、叶えられる?
  • 私の結婚相手は本当にこの人でいいの?
  • そろそろ結婚したい!彼氏は私の気持ちに気付いてる?
  • 「結婚について考えよう」|エマちゃん
  • 「結婚したら、仕事やめたいですか?」と男性に聞き返して笑われた話
  • 「結婚したいな…」男性が結婚を意識する4つの瞬間