こんにちは、網野新花です。

普通、結婚というと事前に親に報告するものですが、親に反対されるなら事後報告で結婚するのも十分アリだと思っています。

今回は事前報告ではなく事後報告でもいい理由を3つ紹介していきます。

事後報告で結婚したカップルの割合は?


すでに結婚している男女100人に聞いたところ、回答者の10%が「親には結婚後に報告した」と答えました。

理由には「2度目の結婚だったので、あまり話題にしたくなかった」(37才/主婦)や「相手からOKをもらって結婚したかった」(32才/会社員)などが挙げられています。

1.大人なので親の許可はいらないから


20才になると
・お酒が飲めるようになる
・タバコが吸えるようになる
・競輪や競馬などのギャンブルができるようになる
・ローンを組んだり、賃貸契約をするときに親の同意が必要ではなくなる
・国民年金への加入義務発生する

などといった変化が生じますが、これは全部子供から大人になったことで起こるものです。

親は子供を育てるために存在しており、大人になるということは親の扶養から外れることになります。

そうなれば親の許可がなくても物事を決断できますし、もし結婚を親に反対されるなら、親の判断に任せず自分達の意思で結婚に踏み切るのもアリでしょう。

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 結婚願望低めの女性が「結婚したくなる瞬間」とは?
  • 実録「結婚したいふり」「結婚しないふり」をする女性の心理
  • 結婚占い|あなたがハイスペック男性にプロポーズされる には?
  • 幸せな結婚ができる結婚相手の見分け方とは?
  • 結婚は人生の墓場? 結婚した後に後悔した人から学ぼう
  • 結婚占い|彼はあなたの結婚相手として相性がいい?
  • したいのに結婚できない男女が増えている?その理由とは
  • 結婚占い|一年以内出会いを果たし、入籍することはできる?