「本音で話せる女子会」といえど、実は女同士でけん制し合っている話題もあります。それが「結婚について」。
20代はまだ和やかに進むこの話題でも、30代になると緊張感が漂いますよね。

筆者が女子会で聞いた、結婚への焦りがにじみ出てしまった発言をご紹介しましょう。

 

「この子、結婚焦ってるな」と思う発言10選

 

● その1:彼氏がいない理由を延々と語る

「今は仕事が楽しくってそれどころじゃないんだよね〜」「あたし、本当にこの仕事が天職かも。恋愛に興味なくなっちゃった」と、聞かれてもいないのに語りだす。もう、分かったから……。

●その2:芸能人の離婚を嬉しそうに話題に出す

若いモデルが離婚とか、たしかにザマァと思うけど……。その話題で盛り上がっちゃったら完全にオバちゃんの井戸端会議になるから賛同したくない。

● その3:料理教室に通い出す

20代のころは「パンづくり教室」とか「フレンチ教室」とか言ってたのに、「毎日食べたくなる愛妻料理教室」って本気度が違うね……。

●その4:友人の恋バナに全力でダメだし

「実は、彼氏ができたんだ。年上のひとなんだけど」と嬉しそうに話しだした友人に「それって遊ばれてるかもよ!」とまさかの説教モード。たしかに遊びの恋に浮かれてる歳でもないけどさ、そんなに全力で潰しにかからなくても……。

●その5:友人の披露宴や二次会を採点する

「料理が美味しくなかった」「気ぃきかせて独身男のテーブルに回してくれてもいいじゃんね」「お色直しのドレス、ピンク(笑)年考えろ」とか、独身女が言うとよけい醜いからやめて!

● その6:既婚者になれそめを質問攻めする

既婚者に出会うと目の色変えて、「どこで出会ったの?」「交際何年?」「どんなところが結婚してもいいな〜って思ったの?」と質問攻め。ちょっと、落ち着いて。

● その7:元カレの近況をチェックしだす

いい会社に勤めていた元カレの近況を共通の友人にしつこく聞いている。いくら「元気でやってるかな〜と思って心配でさ。ほら、あたしたち仲良かったから」と言い訳しても、魂胆バレバレですよ。

● その8:キャラを方向転換しだす

ジャニオタはモテないと気付いたらしく、女子会でもジャニーズネタを封印。だけどカラオケの持ち歌で完全にバレてます。合コンでは上手に隠そうね。

● その9:転職活動をしだす

「今までは夢を追いかけてたけど、これからは安定志向で」と、女性向け雑誌の編集者から、急にただの派遣事務ってそれでいいの? 出会いを求めるとやりがいも捨てられるのか……。

●その10:婚活パーティーに誘ってくる

「ねぇ、こないだA子、婚活パーティー興味あるって言ってたよね? これ近くでやるみたいよ〜」って、そんなこと言ったっけ? 参加したいなら参加したいって正直に言えばいいのに。

 

アラサー同士、不安を分かち合おう

 

若い頃からさんざん恋バナをしている女友だちとは、いざ真剣な結婚話をしようとすると少し照れくさいところもあります。
ましてや「結婚できないかもしれない……」という不安を打ち明けるには、勇気もいりますよね。

ですがそこは同じアラサー女子。不安な気持ちは一緒のはずです。
強がりをせず、お互いの本音を話せる女子会ができると、より一層仲が深まりますよ!

◆空回りすると、ただの痛い女になるからね!
これは恋愛対象外!「合コンで見かける女子の不思議な行動5選」
好感度が雲泥の差!「サバサバいい女」と「偽サバサバ女」の違い

 

関連コラム

 

本当は知ってた…結婚を遠ざけるもの
35歳以上で結婚した奇跡のカップル5選
親の「結婚は?」催促を黙らせる方法
スイーツ脳」の女性は結婚できない!?
必殺!カレを悩殺するエロ忍法3選

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
Written by 餅月かおる
Photo by Julie Rashelle.

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 「結婚したら女性には家庭に入ってほしい」という男性の真意
  • こんなことを考えている!男性のリアルな「プロポーズの準備」
  • 6月の第一日曜日はプロポーズの日!女性が思う理想のプロポーズとは?
  • 私は結婚できるのかな……。既婚女性と比べて落ち込む瞬間
  • デヴィ夫人に学ぶ「選ばれる女になること」の本質
  • 事実婚も楽しいかも!? 同棲したまま結婚しないメリットを考えてみた!
  • こんなはずじゃなかった!結婚後に、男性の態度が変わってしまう理由とは?
  • “専業主婦“になりたくないのに、なりたい理由。働く現代女性の葛藤