結婚適齢期を迎えたアラサー女子のみなさん。同年代の友人が次々と結婚して、焦りを感じていませんか?
 
「いったい、自分の何がいけないのか?」焦れば、焦るほど、答えのない禅問答を頭の中で繰り広げてしまいますよね。
 
そこで、今回はyummy!読者にとったアンケート。「自分が結婚できない理由」を発表していきたいと思います。
客観的な意見を取り入れることによって、今後の婚活に生かしていただきたいです。
 

1位:「高すぎる理想」46%

 

「結婚は一生もの。絶対に失敗したくないから、理想も下げたくない。」
「顔も収入も大事だけど、家庭環境も大事。親がうるさい男はパス。」
「本当にかっこいいと思えない人とは、一緒に生活なんてムリ。」
「今の生活レベルと落とさない程度の収入を確保してくれる男性でないと」
「東京6大学のどれか卒」
 
どんどん目が肥えていくアラサー女子は、理想もどんどん上がっているようですね。そこが、「アラサーのくせに高望み」と思われて、結婚を遠ざけているのでしょう。譲れない部分と、諦めてもいい部分をはっきりさせると、より結婚が現実的になるかもしれませんね。

2位:「仕事」15%

 

「憧れの職場でようやく認められだしたところ。しばらくは仕事に専念したい。」
「結婚は海外赴任を経験してから」
 
今では女性のキャリア志向も定着しているので、仕事を優先させたい女性も多いでしょう。しかし、男性では当たり前の「仕事も結婚も両立」の価値観が、まだまだ女性には定着していないことが問題のようです。
 

3位:「ひとりでいることが好き」11%

 

「結婚したら、ひとりの時間が無くなるのが不安」
「ひとり暮らしの快適さを捨てられない」
 
「ひとりが好き」と言われたら、これはもう仕方がないですね。でも老後もおひとり様で良いのか? しっかりと考えましょう。
 

4位:「金銭問題」9%

 

「彼氏の借金の返済が終わらないことには、結婚なんて考えられない」
「複数のカードローンを抱えていて、結婚資金がたまらない」
 
「結婚=生活」なので、結婚前に金銭問題は解決しておきたいというのは当然ですね。先行きの見えない不況続いていますから、この問題はかなり根深いと思います。あまりにも借金が多い場合は、別の人を探すというのも、結婚までの近道かもしれませんよ。

5位:「その他」8%

 

「親が賛成してくれない」
「宗教上の理由」
 
なるほど、自分の意思だけではどうにもできない場合もありますよね。ただ、大人になってまで娘に必要以上に介入してくる親なんて、ちょっとどうかしていると思います。自分を信じて独立したほうがいいと思います。
 

6位:「過去の恋愛」4%

 

「初めて付き合った彼が忘れられない。どんな人と付き合っても比べてしまう」
「元彼が奥さんと子どもと幸せそうに歩いているところを見て、自分でも驚くほど動揺してしまった」
 
思い出は美化されやすいもので、過去の恋愛にとらわれる人も多いようです。しかし、過ぎた過去は戻ってこないこともしっかり認識しましょう。
 

7位:「趣味」3%

 

「実はBLマニア」
「趣味というか、SFとの関係を切れない」
「登山が趣味。しかもハードな山ほど燃えるので、海外遠征は年1ペース」
 
相手と共通の趣味があることは理想ですが、趣味がマニアックな場合、そうはいきません。まずはその趣味を告白できるかが、第一のハードルでしょうか。
 

結婚していない理由は自分にある

 

「結婚していない理由」は自分がいちばん分かっているかと思います。ですが、口に出したら最後「結婚しない理由」から「結婚できない理由」を認めることになってしまうので、あまり話題にのぼりません。
 
結婚へと前進するために、自己分析も大切です。今後もyummy!ではアラサー女性の応援団として、「クチには出せない」ような本音に迫るアンケートを実施したいと思います。
 
(yummy!編集部)
 
■もしかして私!?「本当に結婚できない女」の共通点
■「だから結婚できないんだよ」と思われる男女の特徴とは?
■結婚に焦る……奥さんに選ばれない女性はこんな特徴がある!
 

結婚】の最新記事
  • 年齢を重ねるごとに結婚への焦りが?「もう遅い」と思わなくて良い理由
  • 「結婚するなら医者がいい」は危険? 医師奥様のリスクとは
  • これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?